天生湿原・籾糠山
2017/08/19
天生湿原・籾糠山
 
2017/08/19(土):曇り:天生湿原~カラ谷分岐~ブナ探勝路~籾糠山~木平分岐~カラ谷登山道
*

この季節に日帰りで登ることができ、暑いため標高がそれなりに高く展望も期待できる身近な低山を考えて行きついたのが籾糠山。 籾糠山は6月から7月のお花が多い季節に大変賑わうため、敢えてオフシーズンのこの季節に入れば静かに山歩きできそうです。 7年ぶりになるので少し懐かしい気持ちになりながら、国道360号線を走り駐車場に着いたのは朝の6時半でした。 ちょうど7時に管理の方々が来られ、登山届を提出して受付をお願いします。天生県立自然公園ではしっかりと保護活動に取り組まれているため500円の協力金をお支払いします。

天生湿原では水生植物がやわらかな色になっていました。そして早くも始まりかけた草紅葉。背後の樹々の立ち並び方が美しく、背後の暗い色に美しい樹形が引き立ちます。 カラ谷分岐ではカツラの巨木に出会いました。あまりに大きいため入りきらず根元部分のみ撮影。様々な植物や樹木が絡み、巨木の大きさがうかがい知れます。 7年前は歩かなかったブナ探勝路から籾糠山を目指すことにしました。キノコがあちこちから顔を出す中、整備された木道が前日の雨で濡れているため足を滑らさないように気をつけながら慎重に登ります。
飛騨市のお天気はお昼前だけ晴れの予想なので、急ぎ足で登り山頂を目指しました。残念ながら10時過ぎに山頂に着いた時は周囲の山々は雲の中。 お昼寝したり登って来られた方とお話したりして2時間以上の時を過ごしましたが、結局は北アルプスの姿はあらわれませんでした。 普段良く走っている東海北陸自動車道の飛騨トンネルが、この籾糠山の山頂直下を通っていることを思うと複雑な気持ちになります。

下山はカラ谷登山道からカツラ門を目指して下ります。綺麗な沢に出ました。せせらぎの心地よい音、冷たい水、マイナスイオンたっぷりの中でのんびり過ごします。 そして、前回訪れた時に印象的だったカツラ門では、やはり今回もカツラの樹々の立ち並ぶ姿に圧倒されました。 なぜこれほどの短い間隔でこれほどの巨木が生きていられるんだろう?と思い良く見ると、一本のカツラが枯れかけているようです。今後、この景観が変わってしまわないよう祈ります。 写真を撮っていると雨が降ってきました。木平湿原も行きたかったのですが、諦めます。でもそれほど激しくない雨、樹木たちに守ってもらいながら歩いていると、ブナの巨木群に出ました。 小雨が降りながらも時折太陽の光が覗き、ブナに光が降り注ぎとても綺麗。

天生湿原で最後にシラヒゲソウの写真を撮って、登山口に戻ったのは夕方4時頃。 朝いちばんに入ったのになかなか降りて来ないので、管理されている方々から「もしかしたら猿ヶ馬場まで行ったのかと思った」と心配してくださっていたようです。 登山道沿いには携帯トイレ用のテントブースまで作られ、駐車場には登山靴洗いスペースも設置され、とても管理が行き届いた気持ちの良い自然公園にお邪魔させていただきました。 ブナを始めカツラやトチノキの見事な巨木群、しっかりと守られた原生林の美しさが素晴らしく心から癒され、今度こそ展望が得られそうな時にまた訪れたいと思いました。

● 写真(14) ●
  • 天生湿原では水生植物がやわらかな色になっていました。そして早くも始まりかけた草紅葉。背後の樹々の立ち並び方が美しく、背後の暗い色に美しい樹形が引き立ちます。
  • 天生湿原では水生植物がやわらかな色になっていました。そして早くも始まりかけた草紅葉。背後の樹々の立ち並び方が美しく、背後の暗い色に美しい樹形が引き立ちます。
  • カラ谷分岐ではカツラの巨木に出会いました。あまりに大きいため入りきらず根元部分のみ撮影。様々な植物や樹木が絡み、巨木の大きさがうかがい知れます。
  • カラ谷分岐ではカツラの巨木に出会いました。あまりに大きいため入りきらず根元部分のみ撮影。様々な植物や樹木が絡み、巨木の大きさがうかがい知れます。
  • キノコがあちこちから顔を出す中、整備された木道が前日の雨で濡れているため足を滑らさないように気をつけながら慎重に登ります。
  • キノコがあちこちから顔を出す中、整備された木道が前日の雨で濡れているため足を滑らさないように気をつけながら慎重に登ります。
  • 急ぎ足で登り山頂を目指しました。残念ながら北アルプスをはじめ周囲の山々は雲の中。
  • 急ぎ足で登り山頂を目指しました。残念ながら北アルプスをはじめ周囲の山々は雲の中。
  • 山頂で時間を過ごす中でミヤマホツツジを見つけました。
  • 山頂で時間を過ごす中でミヤマホツツジを見つけました。
  • 綺麗な沢に出ました。せせらぎの心地よい音、冷たい水、マイナスイオンたっぷりの中でのんびり過ごします。
  • 綺麗な沢に出ました。せせらぎの心地よい音、冷たい水、マイナスイオンたっぷりの中でのんびり過ごします。
  • 前回訪れた時に印象的だったカツラ門。
  • 前回訪れた時に印象的だったカツラ門。
  • やはり今回もカツラの樹々の立ち並ぶ姿に圧倒されました。
  • やはり今回もカツラの樹々の立ち並ぶ姿に圧倒されました。
  • 雨が降ってきました。樹木たちに守ってもらいながら歩いていると、ブナの巨木群に出ました。
  • 雨が降ってきました。樹木たちに守ってもらいながら歩いていると、ブナの巨木群に出ました。
  • 小雨が降りながらも時折太陽の光が覗き、ブナに光が降り注ぎとても綺麗。
  • 小雨が降りながらも時折太陽の光が覗き、ブナに光が降り注ぎとても綺麗。
  • 天生湿原のブナは、木肌が白く明るい樹木が多く感じました。
  • 天生湿原のブナは、木肌が白く明るい樹木が多く感じました。
  • 雨で濡れた葉に光が注ぎ輝きます。
  • 雨で濡れた葉に光が注ぎ輝きます。
  • 全身にみごとな衣装を身に纏った樹。
  • 全身にみごとな衣装を身に纏った樹。
  • 天生湿原で最後にシラヒゲソウの写真を撮りました。
  • 天生湿原で最後にシラヒゲソウの写真を撮りました。