常念岳・大天井岳
2017/05/03~2017/05/05
常念岳・大天井岳
 
2017/05/03(祝):晴れのち曇り:一ノ沢~常念乗越~常念岳~常念乗越(幕営)
2017/05/04(祝):晴れ:常念乗越~横通岳~東天井岳~大天井岳(幕営)
2017/05/04(祝):晴れ:大天井岳~常念乗越~一ノ沢
*

常念岳から大天井岳にかけての稜線からの大展望、そして大天井岳は山頂に近いテン場のロケーションが素晴らしい場所。 7年前のちょうどこの5月連休に登った時には時間的にも体力的にもまったくゆとりがなくルートを辿るだけで精一杯だったことがあり、今回は時間にゆとりを持てそうだったのであらためてこのルートにチャレンジしてみることにしました。

● 2017/05/03 ●

沢渡周辺の渋滞を避けるため、そして一ノ沢登山口駐車場での場所確保、そして初日に常念岳へ登ってしまいたい気持ちから、深夜1時半に自宅出発して早朝5時に一ノ沢に到着。 到着時は第一駐車場はほぼ満車、第二駐車場はまだまだ余裕がありました。ただお隣の三俣や中房の駐車場は、深夜でもう満車となっていたようです。
第二駐車場から1.2kmほど車道を歩くと登山口。綺麗なトイレがあり登山届を提出します。登山口から1時間ほどの王滝ベンチあたりから全面雪道となりました。 重荷なので程なくして12本爪アイゼンを装着、笠原付近からは雪崩によって樹々がなぎ倒された跡が目立ちました。まだ倒れたばかりの樹も多かったので可哀想に思います。自然の脅威を感じながら、でもこれもまた自然の流れ。

乗越に向かって少しずつ傾斜が増します。最も急な所はザックを置いて休むことができないので、休める時に体力を蓄えながら登ります。 一年で一番荷物の多いこの季節、大変な重荷のため肩と背中にかかる負担が大きく、ここまでの急登だと足を上げるたびカメラバックの存在も気になります。 ただまだ午前中で気温がそれほど上がっていないため、ほどよく雪が締まり、そして既に多くの人たちが登っているので階段状になっていてとても助かりました。 前回と同様に、登りはまだ一歩ずつ慎重に足を運べば大丈夫ですが、下りはかなりの恐怖を感じそう..と思った頃、一ノ沢登山口から6時間経ったちょうどお昼の12時に、常念乗越に到着。 間近に迫る美しい槍穂高を眺めると疲れが癒されました。常念の頂きに彩雲があらわれました。

テントを張り少し休んでから山頂へ向かいます。今年は雪が多いという情報でしたが、稜線に出てみるとそれは近年と比較してという意味だと分かりました。 7年前と比べると今年はとても少なく感じ、そして気温も高く、風もほとんどなく快適な稜線です。ただあまりの雪の少なさに地球温暖化が気になります。 前回乗越に着いた時は、ルートはすべて雪に覆われ、周囲は全てが凍て付き、しかもからだごと持っていかれそうな強風が吹いていたので季節が半月はずれている感覚。 前回は時間的にゆとりがなかったこともありますが、そういった状況だったため初日の常念岳登頂は無理でした。今回は午後2時に山頂へ向かって出発。のんびりと休みながら頂きへ向かいます。 ルートにはほとんど雪がなく、ただ一部雪が残り凍った箇所があったので気をつけながら登ります。山頂直下だけアイゼンを装着。無事山頂に着いた時は高曇りになってしまいましたが、周囲の山々は全て見渡すことができました。 高曇りといっても雲と光に変化があり、槍穂高と太陽を写真におさめます。ただいずれは厚い雲の中に太陽が隠れていくことが明白で、疲れも出てきたことからテントに戻ります。 山頂を往復している間に、テン場は大変な賑わいとなっていました。テントの中から槍の背後の空が赤く染まるのを眺めました。

● 2017/05/04 ●

朝は乗越からのご来光と槍が少し染まった姿を撮ります。意外なことにこれほどの賑わいの中で三脚を持ってきている人は皆無でした。 時間があるので朝はのんびりと準備をして、朝8時に気合を入れて出発。横通岳へは一気に高度を稼ぎ、登るごとに背後の常念岳が雄大に聳え立つのが分かります。 ザックをデポしてカメラだけ持ち横通岳の頂きへ。常念乗越から少し進んだだけでも槍穂高の山々に変化を感じます。ザックまで戻った後の横通岳トラバースは夏道と雪道が交互なので再びアイゼンを装着しました。 そしてさらに進むと印象的な東天井岳直下のカール状地形があらわれ、その地形が近付くごとに迫力ありとても綺麗でした。ただこの東天井岳付近から全面雪道となる上、急傾斜のトラバースや急登があるので慎重に登ります。

ようやく東天井岳山頂直下まで登りひと息ついていると、山頂を往復している人たちが目に入ります。 ただ横通岳と比べて東天井岳の頂きは近いのでルート上から眺める風景とそれほど変わらないだろうと思い、初めは頂きへ向かうつもりはありませんでしたが、山頂を往復して来られた方たちから、すごく良かったよと聞いて登ってみることにしました。 驚くことに頂きからの眺めは格別でした。ちょうど槍穂高の上空に流れる雲と、その雲による光が綺麗だったこともありますが、これから向かう大天井岳が最高に素晴らしい眺めでした。 頂きから下りて休憩しながら、今度はスルーしてしまいそうな方々に山頂が良かったことをお伝えしました。

常念乗越から大天井岳までは地図上では近く感じますが、歩いてみると遠く感じます。色々寄り道したこともありますが、ようやく大天荘が見えて来た頃にはもう午後2時半を過ぎ、気付けばコースタイムの2倍の6時間半も時間をかけていました。 冬季小屋は開いていて既に泊まる方が中で過ごしていました。テントは他に3張。冬季トイレは想像していた通り雪の中に埋まっていました。この時のために携帯トイレ持参してきました。 のんびり時間があると思っていましたが、水づくりをしているとあっという間に夕陽の時間が迫ります。着替えをして防寒着を着込んで大天井岳山頂へ。テン場から頂きまでは危険な箇所はなく10分で着くので安心です。 山頂に着く頃にはもう既に太陽が綺麗。写真を撮っているとあっという間に黒部源流域の山々に沈んでいきました。

● 2017/05/05 ●

朝は気合を入れて3時に起きると、テントのすぐ間近でライチョウの鳴き声が聞こえました。そして4時過ぎには山頂へ向かいます。 3日目もまたすべての山々が見渡せるほどの素晴らしいお天気。そして驚くことに相変わらず風がわずかしか吹いていないことが助かります。 安曇野から太陽が昇ると、槍穂高が赤く染まりました。水が張られたばかりの水田に光が反射します。翌日は悪天になる前兆でしょうか?ほどよく雲があることで写真に変化が生まれ、素晴らしい朝のひとときでした。 ただ1時間も山頂でのんびり過ごしていると、すべての防寒着を着込んでいるにもかかわらず厳しい寒さに耐えられなくなりテントに戻ります。 出発する頃には槍穂高の頂きが雲に隠れていたこともあり休憩は最小限、そしてルートの大部分は下りなのに乗越まではやはり5時間ほどもかかってしまいました。この3日間の疲れがそろそろ蓄積してきました。

ところで乗越付近にはわずかにダケカンバ帯がありましたが、一部枯れてしまっている枝が目に付きました。 この稜線は季節を問わず大変風が強いようなので、ダケカンバが風に耐えながらも必死に生きている姿が見られますが、やはり生きていくには厳しい環境なのかなと感じます。 常念小屋で水分補給した後、懸念していた乗越からの下りは雪が緩んでいたおかげで恐怖よりも楽しさが上回りました。はじめはピッケルを出そうかなと思いましたが、ストックのままで下山。結局ピッケルは一度も使うことがありませんでした。 ただ登って来られる方たちは緩んだ雪でとても大変そう。雪質により倍ほど体力を消耗しそうです。夏道でいう胸突八丁付近では休憩していると落石が起き、ルート付近まで落ちて来たので急ぎ足で笠原へ。

笠原を過ぎてあと1時間も歩けば登山口だと思いほっとひと息付いていると、この3日間で驚くほど沢が増水していました。烏帽子沢で橋が掛けられていない渡渉が2箇所ありますが、そのどちらも2日前とは状況が一変し、増水した上に濁流の激流となっていました。 岩の上で足を滑らせ落ちてしまうだけならまだしも、落ちた時に足を痛めたり、最悪の場合流されてしまうかもしれない恐怖がありましたが、覚悟を決めて慎重に、なんとか無事に渡り切ることができました。 重荷でなければこれほどの恐怖は感じないのかもしれませんが、最後の最後にこれほどの難関が待ち受けているなんて。 初日に常念岳の頂きに向かいながら雪解け水が流れる心地よい音を聞きましたが、この3日間気温が高まったことでその流れが思いがけずこれほどの激流になることには驚きました。降雨時や雨後はどのような状況になってしまうのでしょうか? 下山も色々あり駐車場に着いた時間は夕方の6時。雪山の素晴らしさと怖さをあらためて感じることができ良い体験になりました。

● 写真(52) ●
  • 笠原では視界が開け、常念乗越が見えました。
  • 笠原では視界が開け、常念乗越が見えました。
  • 少しずつ傾斜が増します。振り返ると、浅間山が姿をあらわしました。
  • 少しずつ傾斜が増します。振り返ると、浅間山が姿をあらわしました。
  • 根こそぎ倒れたダケカンバ。自然の脅威を感じます。
  • 根こそぎ倒れたダケカンバ。自然の脅威を感じます。
  • まだ倒れたばかりの樹も多かったので可哀想に思いますが、これもまた自然の流れ。
  • まだ倒れたばかりの樹も多かったので可哀想に思いますが、これもまた自然の流れ。
  • ルート上ではありませんが、まだ新しい雪崩跡がありました。デブリはルート脇まで到達。
  • ルート上ではありませんが、まだ新しい雪崩跡がありました。デブリはルート脇まで到達。
  • そのデブリを前景に、登ってきた道を振り返ります。
  • そのデブリを前景に、登ってきた道を振り返ります。
  • 最後の急登は写真を撮るゆとりがないまま乗越へ。乗越に着くと常念の頂きに彩雲があらわれました。
  • 最後の急登は写真を撮るゆとりがないまま乗越へ。乗越に着くと常念の頂きに彩雲があらわれました。
  • 山頂へ向かいます。明日向かう横通岳とその左に大天井岳。常念小屋と色とりどりのテントたち。
  • 山頂へ向かいます。明日向かう横通岳とその左に大天井岳。常念小屋と色とりどりのテントたち。
  • 驚くことにルート上の雪はほとんどありません。槍穂高を眺めながら登ります。
  • 驚くことにルート上の雪はほとんどありません。槍穂高を眺めながら登ります。
  • 山頂直下だけアイゼンを付けました。
  • 山頂直下だけアイゼンを付けました。
  • 常念岳頂きに到着。まずは槍穂高全景。
  • 常念岳頂きに到着。まずは槍穂高全景。
  • 前穂と奥穂。
  • 前穂と奥穂。
  • 槍から大天井にかけての稜線。高曇りですがやわらかな光が綺麗でした。
  • 槍から大天井にかけての稜線。高曇りですがやわらかな光が綺麗でした。
  • ただいずれは厚い雲の中に太陽が隠れていくことが明白で、疲れも出てきたことからテントに戻ります。
  • ただいずれは厚い雲の中に太陽が隠れていくことが明白で、疲れも出てきたことからテントに戻ります。
  • テントの中から槍の背後の空が赤く染まるのを眺めました。
  • テントの中から槍の背後の空が赤く染まるのを眺めました。
  • 乗越からのご来光。テン場すぐ近くの丘で眺めます。今日も一日良いお天気になりそう。
  • 乗越からのご来光。テン場すぐ近くの丘で眺めます。今日も一日良いお天気になりそう。
  • 振り返ると、槍が赤く染まりました。
  • 振り返ると、槍が赤く染まりました。
  • 太陽と小さな幻日。
  • 太陽と小さな幻日。
  • のんびりと、槍穂高を眺めながら横通岳へ向かいます。
  • のんびりと、槍穂高を眺めながら横通岳へ向かいます。
  • 時間があるので横通岳山頂へ。頂きからは立山、剱を望むことができました。そして稜線上の燕岳。奥には鹿島槍ヶ岳も。
  • 時間があるので横通岳山頂へ。頂きからは立山、剱を望むことができました。そして稜線上の燕岳。奥には鹿島槍ヶ岳も。
  • 振り返ると、聳える常念岳。奥には南アルプスと富士山。
  • 振り返ると、聳える常念岳。奥には南アルプスと富士山。
  • 東天井岳直下の雄大なカール状地形が印象的。中心に立つ一本の樹が気になります。
  • 東天井岳直下の雄大なカール状地形が印象的。中心に立つ一本の樹が気になります。
  • 一部、雪庇が崩れ落ちていました。奥に前穂と奥穂。
  • 一部、雪庇が崩れ落ちていました。奥に前穂と奥穂。
  • この辺りではルートが全面雪になりました。常念岳が遠のきます。
  • この辺りではルートが全面雪になりました。常念岳が遠のきます。
  • カール状地形の上部まで登り、常念岳と蝶ヶ岳を眺めます。
  • カール状地形の上部まで登り、常念岳と蝶ヶ岳を眺めます。
  • 東天井岳山頂からは、これから向かう大天井岳が最高に素晴らしい眺めでした。
  • 東天井岳山頂からは、これから向かう大天井岳が最高に素晴らしい眺めでした。
  • ストックをさすと雪の中が青く見えます。雪が綺麗な証拠。
  • ストックをさすと雪の中が青く見えます。雪が綺麗な証拠。
  • ハイマツを前景に槍穂高。
  • ハイマツを前景に槍穂高。
  • この辺りから小槍が見えてくるので槍ヶ岳の表情が変わってきます。険しい北鎌尾根を従える姿が美しいです。
  • この辺りから小槍が見えてくるので槍ヶ岳の表情が変わってきます。険しい北鎌尾根を従える姿が美しいです。
  • 槍ヶ岳上空の雲と、雪面に落ちる光が綺麗で何枚も撮ってしまいます。
  • 槍ヶ岳上空の雲と、雪面に落ちる光が綺麗で何枚も撮ってしまいます。
  • 最後に東天井岳を下りながらもう1枚。
  • 最後に東天井岳を下りながらもう1枚。
  • ようやく大天荘が見えてきました。また槍ヶ岳と一緒に撮ってしまう。
  • ようやく大天荘が見えてきました。また槍ヶ岳と一緒に撮ってしまう。
  • 夕方、大天井岳山頂へ。日の出30分前、太陽が綺麗でした。
  • 夕方、大天井岳山頂へ。日の出30分前、太陽が綺麗でした。
  • 黒部源流域の山々に沈む太陽。
  • 黒部源流域の山々に沈む太陽。
  • 立山、剱、針ノ木、蓮華。
  • 立山、剱、針ノ木、蓮華。
  • 槍ヶ岳と北鎌尾根。美しい色に染まります。
  • 槍ヶ岳と北鎌尾根。美しい色に染まります。
  • 雪を冠った山々と雲の色が綺麗で言葉が出ません。
  • 雪を冠った山々と雲の色が綺麗で言葉が出ません。
  • 北鎌尾根の奥に、薄っすらとですが白山も見ることができました。
  • 北鎌尾根の奥に、薄っすらとですが白山も見ることができました。
  • そして、日没後の光。厳しい寒さでしたが風が弱かったため助かりました。
  • そして、日没後の光。厳しい寒さでしたが風が弱かったため助かりました。
  • 朝は気合を入れて3時起きで4時過ぎには山頂へ。
  • 朝は気合を入れて3時起きで4時過ぎには山頂へ。
  • 裾野がはっきりと見えたため、富士山が大きく、そして近く感じました。
  • 裾野がはっきりと見えたため、富士山が大きく、そして近く感じました。
  • 朝一番の光。浅間山の噴火が見えました。
  • 朝一番の光。浅間山の噴火が見えました。
  • 前穂、奥穂、北穂、南岳の頂きが真っ赤に染まります。
  • 前穂、奥穂、北穂、南岳の頂きが真っ赤に染まります。
  • 太陽が帯状の雲の中へ。四阿山と浅間山。
  • 太陽が帯状の雲の中へ。四阿山と浅間山。
  • 光が下り、そして色が変わって来たので、先ほどと同じ構図でもう一枚。険しい頂きが美しく光輝きました。
  • 光が下り、そして色が変わって来たので、先ほどと同じ構図でもう一枚。険しい頂きが美しく光輝きました。
  • 雲があることでできる光と影。槍の穂先に光が回るのを待っていると、大喰岳、中岳の頂きにも回ってきました。
  • 雲があることでできる光と影。槍の穂先に光が回るのを待っていると、大喰岳、中岳の頂きにも回ってきました。
  • 水が張られたばかりの水田に光が反射します。
  • 水が張られたばかりの水田に光が反射します。
  • 常念小屋手前のダケカンバ帯にて。一部枯れてしまっている枝が目に付きました。
  • 常念小屋手前のダケカンバ帯にて。一部枯れてしまっている枝が目に付きました。
  • この稜線は季節を問わず大変風が強いようなので、やはり生きていくには厳しい環境なのかなと感じます。
  • この稜線は季節を問わず大変風が強いようなので、やはり生きていくには厳しい環境なのかなと感じます。
  • 下りはゆとりがあるので乗越直下の急登を見上げて撮ってみましたが、写真ではやはりなかなかあらわすことができません。
  • 下りはゆとりがあるので乗越直下の急登を見上げて撮ってみましたが、写真ではやはりなかなかあらわすことができません。
  • 横通岳付近の稜線を眺めます。つい先ほどまであの稜線にいたことが嘘のようです。
  • 横通岳付近の稜線を眺めます。つい先ほどまであの稜線にいたことが嘘のようです。
  • 2日前にも撮ったデブリはすっかり色が変わっていました。
  • 2日前にも撮ったデブリはすっかり色が変わっていました。