北八ヶ岳
2016/08/26~2016/08/28
北八ヶ岳
 
2016/08/26(金):晴れのち曇り:大河原峠~双子山~双子池~大岳~北横岳~七ツ池~亀甲池~双子池(幕営)
2016/08/27(土):雨:双子池~雨池~雨池峠~縞枯山往復(幕営)
2016/08/28(日):晴れのち曇り:双子池~双子山~大河原峠~蓼科山往復
*
● 2016/08/26 ●

北アルプス方面はまたお天気が悪そうなので、お山へ行こうか激しく迷った結果、いつか訪れたいと思っていた北八ヶ岳の快適そうなテン場のある双子池を思い出しました。 予報を見ると八ヶ岳方面はそれほど悪くなさそうなこと、そして登山口のある大河原峠から双子池までは1時間ほどで着くので、状況によってはすぐに下山可能なことが決め手になりました。

自宅から車で6時間ほどと思っていた大河原峠でしたが、今日一日の行動予定がそれなりに長いので、金沢を4時前に出発した後は急ぎ気味に運転をして、少し迷いながらも大河原峠に到着したのは朝の8時半でした。 大河原峠までの道のりは遠く感じましたが、標高2,000mを越える場所にあるので助かります。 歩き始めて久しぶりの重荷に少し慣れてきた頃、なだらかで眺めの素晴らしい双子山山頂に着きました。 山頂からは蓼科山の美しい姿を望むことができ、その後は、北八ヶ岳独特の苔むした針葉樹の森を抜けると美しいエメラルドグリーンの水をたたえた双子池に到着しました。 テントの受付時にお話を伺うと、水は雄池の湧水から引いているとのこと。雌池にテントを張り、この辺りでは難所と言われている大岳の岩場の登りへ気合を入れて臨みます。 大きな岩が次々とあらわれ乗り越えて登っていくような道。急いでいることもあって、ほとんど写真を撮らないまま夢中になって登ります。

このようなルートは下りのほうが大変そうに感じたところに、ちょうど下りて来られた方に出会いました。「下りは大変そうですね」と声をおかけしたところ、「登りは大変そうだなと思っていたところだよ」とのことでした。 登りでも下りでも、このルートをテントを担いで歩くのは絶対に無理と思っていたところに、ふと視界が開けました。心地よい風が吹いて助かります。天狗の露地でした。 それなりに登ってきたように感じましたが、地図を見ると大岳までは残念ながらまだ半分ほどしか来ていないようです。
再び気合を入れ直し、大岳まで相変わらず次々とあらわれる大きな岩たちを越えて行くと、大岳分岐に出ました。迷わず山頂へ往復することにします。 大岳山頂からの眺めは最高に素晴らしく、眼下に広がるロックガーデンの彼方に見えるのは南八ヶ岳。かなり遠く感じました。そしてこの辺りの景観は、北横岳の麓に広がる坪庭に対して奥坪庭と呼ばれるそうです。

その後は北横岳に近付くごとに歩きやすいルートになり、樹林帯から北横岳ヒュッテや七ツ池を俯瞰できるようになれば山頂までもうしばらくです。 ただ残念ながら山頂に着いたときは周囲はガスに覆われてしまいました。七ツ池まで下り、再び山頂に戻ってきても辺り一帯はガスに覆われたまま。 しかも空が泣きそうな雰囲気になり、そして双子池までもそれなりの時間がかかりそうなので諦めて下山することにします。
ところで地図を見ると、亀甲池までのルート上にヒカリゴケと書かれているので探してみました。岩場の奥深くを覗き込んでみると、いくつかのヒカリゴケを見つけることができました。 綺麗な苔たちに夢中になっていると、あっという間に時間が過ぎ、亀甲池に着いた時はすでに日の入り間近に。急いで双子池に戻りました。
この辺り一帯はピークに立たなければ電波を受信することができないので、翌日の予報が分からないまま。夜に雨が降り始めましたが、一昨日の予報を思い出し、朝になると晴れるだろうと思いながら眠りにつきました。

● 2016/08/27 ●

朝起きると、まだしとしとと雨が残っていました。いずれ晴れてくるはずと思いながら雨対策をして雨池へ出発。雨の日の雨池、それもまた綺麗そうと思いましたが、 歩を進めるごとに雨が激しくなってきました。雨の日でも樹林帯では樹々に守ってもらえることが多いのですが、その樹林帯の中でもとうとう本降りに..。 とりあえず雨池まで行ってみようと雨池に到着しましたが、なんと土砂降りになってしまいました。 雨を避ける場所もなく、双子池に戻るよりも縞枯山荘へ行く方が近く、時間もまだ朝の9時です。迷いましたが先へ進み、縞枯山荘で休ませていただくことにします。

ただ樹林帯を抜け、大石川林道に出ると同時にゲリラ豪雨のようなさらに激しい雨になりました。機材は当然防水対策をしていますが、あまりの雨の激しさに心配になり、でも当然、雨宿りできるところは皆無なので 荷物を確認できる場所もなく途方にくれてしまうほど..。山荘まで急ぐしかないと思い、林道を走り、縞枯峠へと続く登山道もなるべく急いで登りますが、苔むした滑りそうな岩たちに難儀します。 縞枯山荘が見えてきた時はひと安心、小屋では機材が無事なことを確認することができ、しかもストーブに当たらせていただき、心身ともにとても助かりました。

小屋の方に伺うと、以前の予報からは前線の動きが大きく変わったようで、一日雨のようです。ただ小屋で1時間ほど過ごしていると次第に空が明るくなり、すっかり諦めていた縞枯山へ登ってみることにします。 縞枯山山頂へ向かう中、この辺りも鬱蒼とした苔と針葉樹の森が続きます。 縞枯山を越えた先の茶臼山の展望台から縞枯現象を綺麗に見ることができるとのことでしたが、雨で展望が効かないので、展望台はまたの機会にして潔く諦めることにします。 ただルート上でも枯れている樹々を間近で見ることができました。
雨池まで戻る途中で再び雨が激しくなり、雨池に着く頃にはまた本降りになってしまいました。結局また写真をほとんど撮ることができないまま双子池へ。 これだけ長時間、これだけ激しい雨に打たれたのは初めての体験でしたが、無事に戻ることができ良かったと思いながら、テントも無事で助かりました。

● 2016/08/28 ●

明け方までも相変わらず雨が降り続いていたこと、そして昨夜は小屋の方とお話をしながら翌日もあまり期待できなさそうに思っていましたが、あれほど続いていた雨が小雨になり、霧雨になり、 そして朝起きてテントから顔を出すと思いがけずすっきりと澄み渡った青空が広がっていました!一時的なものかな?と思いながら、もしかすると晴れ間にテントを乾かせるかもしれないと思いながら荷物を片付けます。 片付けている間も、雨が降りそうな気配はまったくありません。 もしかするとこちらもすっかり諦めていた蓼科山へ登山可能かも?と思い、荷物を片付けながらも雌池に綺麗な朝靄があらわれたので写真を撮りながらテントを乾かします。
結局すっかり綺麗にテントを乾かすことができ、撤収が完了した頃には雌池は朝の光を受け、久しぶりにエメラルドグリーンの色に輝いていました。 爽やかに広がる青空を映した池面が美しく、池の周囲を覆う緑の樹々に映えて最高に素晴らしい光景でした。樹々が雨を受けて緑が鮮やかになったように感じます。

大河原峠に戻り荷物を車に乗せた後は、迷わず蓼科山へ。相変わらず苔たちの美しい森を歩いた後、楽しい岩登りをして山頂へ。山頂に着く頃には辺りはガスに覆われてしまいしばらく待っても展望は得られませんでしたが、 前日のお天気と比べると天国のような日になったことに感謝、展望はまたこの次のお楽しみにして下山しました。 雨はとても大変でしたが、雨が降ったからこその北八ヶ岳の様々な表情を見ることができました。この次は季節を変えてまた訪れてみたいと感じました。

● 写真(30) ●
  • 双子山山頂からは蓼科山の美しい姿を望むことができました。
  • 双子山山頂からは蓼科山の美しい姿を望むことができました。
  • 北八ヶ岳独特の苔むした針葉樹の森。
  • 北八ヶ岳独特の苔むした針葉樹の森。
  • 美しいエメラルドグリーンの水をたたえた双子池。
  • 美しいエメラルドグリーンの水をたたえた双子池。
  • この辺りでは難所と言われている大岳の岩場の登りへ気合を入れて臨みます。
  • この辺りでは難所と言われている大岳の岩場の登りへ気合を入れて臨みます。
  • 驚くほど大きな岩が次々とあらわれます。
  • 驚くほど大きな岩が次々とあらわれます。
  • 大岳山頂からの北横岳と蓼科山。
  • 大岳山頂からの北横岳と蓼科山。
  • 眼下に広がるロックガーデンの彼方に見えるのは南八ヶ岳。この辺りは奥坪庭と呼ばれるそうです。
  • 眼下に広がるロックガーデンの彼方に見えるのは南八ヶ岳。この辺りは奥坪庭と呼ばれるそうです。
  • 北横岳に近付くごとに歩きやすいルートになりました。
  • 北横岳に近付くごとに歩きやすいルートになりました。
  • 樹林帯から北横岳ヒュッテや七ツ池を俯瞰できるようになれば山頂までもうしばらく。遠くに縞枯山荘も見えます。
  • 樹林帯から北横岳ヒュッテや七ツ池を俯瞰できるようになれば山頂までもうしばらく。遠くに縞枯山荘も見えます。
  • ただ残念ながら山頂に着いたときは周囲はガスに覆われてしまいました。
  • ただ残念ながら山頂に着いたときは周囲はガスに覆われてしまいました。
  • 七ツ池では、池のほとりのシャクナゲの濃い緑の美しさが印象的でした。
  • 七ツ池では、池のほとりのシャクナゲの濃い緑の美しさが印象的でした。
  • 歩いていると生き生きした様々なキノコたちに出会います。
  • 歩いていると生き生きした様々なキノコたちに出会います。
  • そして岩場の奥深くを覗き込んでみると、いくつかのヒカリゴケを見つけることができました。
  • そして岩場の奥深くを覗き込んでみると、いくつかのヒカリゴケを見つけることができました。
  • 朝起きると、まだしとしとと雨が残っていました。いずれ晴れてくるはず..。
  • 朝起きると、まだしとしとと雨が残っていました。いずれ晴れてくるはず..。
  • 雄池を眺めに行った後、雨対策をして雨池へ。
  • 雄池を眺めに行った後、雨対策をして雨池へ。
  • 大変激しい雨に遭い縞枯山荘で休憩していると、空が明るくなったので縞枯山へ。
  • 大変激しい雨に遭い縞枯山荘で休憩していると、空が明るくなったので縞枯山へ。
  • この辺りも鬱蒼とした苔と針葉樹の森が続きます。
  • この辺りも鬱蒼とした苔と針葉樹の森が続きます。
  • 枯れている樹々を間近で見ることができました。
  • 枯れている樹々を間近で見ることができました。
  • 下山では再び雨が激しくなり、雨池に着く頃にはまた本降りになってしまいました。
  • 下山では再び雨が激しくなり、雨池に着く頃にはまた本降りになってしまいました。
  • これだけ長時間、これだけ激しい雨に打たれたのは初めての体験でしたが、無事に双子池に到着です。
  • これだけ長時間、これだけ激しい雨に打たれたのは初めての体験でしたが、無事に双子池に到着です。
  • あれほど続いていた雨が小雨になり、霧雨になり、そして朝起きると思いがけずすっきりと澄み渡った青空が広がっていました!
  • あれほど続いていた雨が小雨になり、霧雨になり、そして朝起きると思いがけずすっきりと澄み渡った青空が広がっていました!
  • 綺麗な朝靄があらわれたので写真を撮りながらテントを乾かします。
  • 綺麗な朝靄があらわれたので写真を撮りながらテントを乾かします。
  • 撤収が完了した頃には朝の光を受け、久しぶりにエメラルドグリーンの色に輝いていました。
  • 撤収が完了した頃には朝の光を受け、久しぶりにエメラルドグリーンの色に輝いていました。
  • 爽やかに広がる青空を映した池面が美しいです。
  • 爽やかに広がる青空を映した池面が美しいです。
  • 双子山に戻る途中、霧が漂い始めました。
  • 双子山に戻る途中、霧が漂い始めました。
  • ただ朝の明るい光の中での霧なので、決して暗い雰囲気ではありません。
  • ただ朝の明るい光の中での霧なので、決して暗い雰囲気ではありません。
  • のんびり休憩しながら樹々たちの濃淡の美しさに魅せられました。
  • のんびり休憩しながら樹々たちの濃淡の美しさに魅せられました。
  • 蓼科山山頂では残念ながら展望に恵まれませんでしたが、前日のお天気と比べると天国のような日になりました。
  • 蓼科山山頂では残念ながら展望に恵まれませんでしたが、前日のお天気と比べると天国のような日になりました。
  • 苔の緑に癒されます。
  • 苔の緑に癒されます。
  • 苔の胞子たち。この次は季節を変えてまた訪れてみたいと思いながら下山しました。
  • 苔の胞子たち。この次は季節を変えてまた訪れてみたいと思いながら下山しました。