医王山
2016/02/07
医王山
 
2016/02/07(日):晴れのち雪:見上峠~西尾平~白兀山往復
*

久しぶりに気持ちの良い晴天になったこの週末。 朝起きて突然決めたため、慌てて準備。見上峠に着いたのは、もう9時頃でした。 思い切り出遅れたので駐車場が心配だったけれど、まだ空きスペースがあって助かりました。 久しぶりのお山に心が躍り、登り始めからつい急ぎ足になってしまいます。 林道はしっかりとしたトレースが付いていました。

西尾平を経て、しがらくびから白兀山方面へ。 林道とさよならして急な登りになるので、ワカンを装着します。 登るごとに視界が開け、そして、美しい氷の芸術を見つけました。 白兀山山頂付近の樹木たちが霧氷だけではなく素晴らしい雨氷に覆われ、樹々がみごとに輝いていたのです。

これほどみごとな雨氷を見たのは初めて。 美しく透き通った厚い氷が、樹々の冬芽をしっかりと閉じ込めてしまっていました。 どれほどの時間をかけてこれほどの氷が発達したのか、冬芽にとっては雪よりもはるかに厳しそうに感じますが大丈夫でしょうか?
標高900mにも満たない低山なので、解けるときはあっという間だと思うと、 身近な里山で貴重な造形を目にすることができた幸運に感謝です。

山頂に着くと残念ながら北アルプス方面には雲がかかり、 一日良いお天気だと思っていたはずが上空には徐々に雲がかかり、そして雪まで降り始めてしまいましたが、 雲間からの美しい太陽の光を眺めながらのんびりとしたひとときを楽しみました。
低温注意報が発令されるほど冷え込んだ日になったので、下山中も雨氷はそのままの美しい姿を保っていました。
今年は暖冬でなかなかまとまった雪が降りませんでしたが、このところの降雪で医王山もすっかり深い雪に覆われたようで一安心です。

● 写真(13) ●
  • 白兀山に向かう途中で展望が開けると、金沢市街地が綺麗に一望できました。
  • 白兀山に向かう途中で展望が開けると、金沢市街地が綺麗に一望できました。
  • 樹々が雪を纏った姿が美しいです。降雪直後に登って良かった。
  • 樹々が雪を纏った姿が美しいです。降雪直後に登って良かった。
  • 光が射し込み、霧氷が一斉に輝きました。
  • 光が射し込み、霧氷が一斉に輝きました。
  • 小白兀からの白兀山と奥医王山。
  • 小白兀からの白兀山と奥医王山。
  • 冬のひとときの晴れ間。犀奥方面の山々を遠望します。
  • 冬のひとときの晴れ間。犀奥方面の山々を遠望します。
  • 突然降り始めた雪。そして雲の切れ間から覗くハート型の青空。
  • 突然降り始めた雪。そして雲の切れ間から覗くハート型の青空。
  • 激しく降ります。賑わっていた白兀山も静かになりました。
  • 激しく降ります。賑わっていた白兀山も静かになりました。
  • ところがまた、青空が広がってきました。雲間からの美しい太陽の光。
  • ところがまた、青空が広がってきました。雲間からの美しい太陽の光。
  • まだ雪が舞っています。雪と太陽の光を眺めながらのんびりとしたひとときを過ごしました。
  • まだ雪が舞っています。雪と太陽の光を眺めながらのんびりとしたひとときを過ごしました。
  • 下山中も雨氷はそのままの美しい姿を保っていました。
  • 下山中も雨氷はそのままの美しい姿を保っていました。
  • 氷と雪の重さに耐える樹に、光がやさしく包み込みます。
  • 氷と雪の重さに耐える樹に、光がやさしく包み込みます。
  • 低温注意報が発令されるほど冷え込んだので、繊細な霧氷も解けずに残っていました。
  • 低温注意報が発令されるほど冷え込んだので、繊細な霧氷も解けずに残っていました。
  • 身近な里山で貴重な造形を目にすることができた幸運に感謝です。
  • 身近な里山で貴重な造形を目にすることができた幸運に感謝です。