峠山・城ヶ平山
2015/12/20
峠山・城ヶ平山
 
2015/12/20(日):晴れのち曇り:西種地区~峠山~ハゲ山~西種地区・大岩~城ヶ平山往復
*

丸一日、素晴らしい快晴の予報です。時間は一日しかありませんが、北アルプスからのご来光を眺めることができる場所を見つけました。30分ほどで登ることのできる峠山。 随分と前にですがお隣のハゲ山へは登ったことがあり何となく記憶に残っているため、まだ薄暗い中でもアクセス可能だと判断しました。

西種地区からの登山道は以前は少し分かり辛かった記憶がありましたが、親切で可愛らしい案内板があちこちに設けられていて薄暗い中でも迷うことはありませんでした。 積雪は2~3㎝、ところどころ凍結していたので慎重に登ります。ただ雪に覆われた冬山を期待して来たことを思うとすっかり拍子抜けしてしまいます。 樹間から剱岳や毛勝三山が望めるようになってきますが、頂上付近では素晴らしい展望になります。
この時期は立山から朝陽が昇りますが、残念ながらこの山域からの立山は大日岳に隠れてしまっていました。そのため実際の日の出の時刻よりも1時間ほど遅れてようやく昇る太陽。 太陽が昇るまで、放射冷却で冷え込み久しぶりの凍て付いた寒さに耐える時間。そしてようやく空に変化が訪れ太陽があらわれる直前、空に美しい光が広がりました。 しばらくあたたかな陽射しを楽しんだ後でハゲ山へ。その後は稜線から城ヶ平山へも行けますが、大岩登山口へも行ってみたかったので一旦下山して車で向かうことにします。下山中にカモシカに出会いました。

素晴らしいお天気の日曜なので、大岩駐車場は満車でした。かろうじて1台分のスペースを見つけます。城ヶ平山へのルートは日中のあたたかさで雪はほとんど解け、山頂付近に少し残る程度でした。 気温もお山の雰囲気も、異常気象により冬というよりまだ晩秋。もう12月も下旬なので心配になります。
城ヶ平山の山頂は、峠山やハゲ山と異なり山頂が広々として、さらに遮るものがなにひとつなく剱岳を眺めるにはとても素晴らしい展望台でした。 付近で茗荷が取れるため別名は茗荷谷山と言われているようですが、戦国時代にはお城が築かれていた場所のようです。 山頂は地元の方々で賑わっていたのでお話を伺うと、地元の方々にもやはりとても人気のあるお山のようです。午後になっても快晴無風で穏やかなので、夕方までのんびり過ごすことにしました。 のんびりランチしたりマクロレンズで照葉樹の葉を撮ったりしていると、あっという間に夕方になりました。西の空には雲が出てきたことにより、幻日をはじめ太陽と雲による美しい光を見ることができました。

● 写真(20) ●
  • 日の出20分後。峠山にはまだ光は回ってきませんが、剱岳に舞う雪煙が染まります。
  • 日の出20分後。峠山にはまだ光は回ってきませんが、剱岳に舞う雪煙が染まります。
  • 太陽があらわれる直前、空に美しい光が広がりました。
  • 太陽があらわれる直前、空に美しい光が広がりました。
  • 実際の日の出の時刻よりも1時間ほど遅れてようやく太陽が昇ってきました。
  • 実際の日の出の時刻よりも1時間ほど遅れてようやく太陽が昇ってきました。
  • しばらくあたたかな陽射しを楽しんだ後でハゲ山へ。
  • しばらくあたたかな陽射しを楽しんだ後でハゲ山へ。
  • 下山中、カモシカに出会って見つめ合うひととき。
  • 下山中、カモシカに出会って見つめ合うひととき。
  • 横顔が微笑んでいるように感じます。
  • 横顔が微笑んでいるように感じます。
  • 大岩から城ヶ平山へ。その前に千巌渓に立ち寄ります。
  • 大岩から城ヶ平山へ。その前に千巌渓に立ち寄ります。
  • 樹々にまだ残る葉に、光が射し込み輝きます。
  • 樹々にまだ残る葉に、光が射し込み輝きます。
  • 城ヶ平山の山頂は、遮るものがなにひとつなく剱岳を眺めるにはとても素晴らしい展望台でした。
  • 城ヶ平山の山頂は、遮るものがなにひとつなく剱岳を眺めるにはとても素晴らしい展望台でした。
  • 富山平野。日本海。そして能登半島。
  • 富山平野。日本海。そして能登半島。
  • 夕方までマクロレンズでのんびりと照葉樹の葉を撮って過ごします。
  • 夕方までマクロレンズでのんびりと照葉樹の葉を撮って過ごします。
  • 光が射す葉。そして丸ボケを背景に。
  • 光が射す葉。そして丸ボケを背景に。
  • 山頂に戻ると日が傾き、少しずつ夕方の光になってきました。
  • 山頂に戻ると日が傾き、少しずつ夕方の光になってきました。
  • 夕方になっても澄み切った展望。青空に刷毛で描いたような雲があらわれます。
  • 夕方になっても澄み切った展望。青空に刷毛で描いたような雲があらわれます。
  • 山並みのグラデーション。そしてその上空にあらわれた幻日。
  • 山並みのグラデーション。そしてその上空にあらわれた幻日。
  • 太陽と幻日を一緒に一枚におさめてみます。
  • 太陽と幻日を一緒に一枚におさめてみます。
  • 薄雲により光が程よく拡散し、山々に落ちる美しい光。
  • 薄雲により光が程よく拡散し、山々に落ちる美しい光。
  • ただそのため残念ながら赤く焼けない剱岳を背に向けて、太陽にばかり夢中になってしまいました。
  • ただそのため残念ながら赤く焼けない剱岳を背に向けて、太陽にばかり夢中になってしまいました。
  • 夕方はただただ太陽の光に魅せられました。
  • 夕方はただただ太陽の光に魅せられました。
  • 最後に再び剱岳。日の出の時間から日の入りの時間まで素敵な雄姿にありがとう。
  • 最後に再び剱岳。日の出の時間から日の入りの時間まで素敵な雄姿にありがとう。