猿ヶ山・三方山
2015/10/18
猿ヶ山・三方山
 
2015/10/18(日):晴れのち曇り:ブナオ峠~猿ヶ山~三方山一峰~三方山二峰往復
*

金沢市内から見えるなだらかな稜線が特徴の猿ヶ山と三方山。登るなら秋の深まった時期にと考えていました。
三方山二峰まで行くとなるとそれなりのコースタイムになるので、まだ暗いうちにブナオ峠に到着。長い林道を車で走っていると、徐々に空が明るくなり視界が開け、雲海の彼方に剱と立山連峰を遠望することができました。
ブナオ峠を6時半出発。紅葉のブナ林、そして背後に聳える大門山に朝の光が回ってきました。しばらく歩くと大きな池がありました。不思議な池の色の中にブナたちが落とした葉や樹々が池に映ることでつくられた雰囲気が綺麗。 登るごとに朝の光を感じられるようになってきましたが、葉が茶色く枯れてしまった樹々が多く少し残念です。でも白山の遠望ポイントまで登ると、うっすらと雪が積もり白く輝く頂きを眺めることができました。
樹林帯の中の展望のきかない猿ヶ山と三方山一峰のピークを過ぎると東側が開け、目に飛び込んできたのは北アルプスの山々。剱岳北方稜線から槍穂高までほぼ全域を眺めることができました。

三方山二峰を過ぎしばらく進むと中部電力の送電線建設のため開かれた場所に出て、今度は海側の金沢市内を一望できました。三方山周辺では袴腰山から登って来られた方と出会います。 時間があまりないので休憩はほどほどにして出発。三方山二峰から一峰にかけては猿ヶ山と比べて標高が低く、そしてちょうど光の回り方が良かったため晩秋の綺麗な紅葉を見ることができました。
ところが猿ヶ山まで戻って来ると、小矢部川方面から濃いガスが湧き上がってきました。激しい濃霧の中の登山道、そんな中、まだ色を残した樹々たちが浮かび上がりとても幻想的です。 これほど濃い霧に出会うことはなかなかないので、同じ日でここまで表情の異なる風景に出会えたことに感謝しながら、下山。何とかまだ明るさが少し残る時間にブナオ峠に間に合いました。

● 写真(22) ●
  • ブナオ峠に向かう林道で、徐々に空が明るくなり視界が開け、雲海の彼方に剱と立山連峰を遠望することができました。
  • ブナオ峠に向かう林道で、徐々に空が明るくなり視界が開け、雲海の彼方に剱と立山連峰を遠望することができました。
  • 不思議な池の色の中にブナたちが落とした葉や樹々が池に映ることでつくられた雰囲気が綺麗。
  • 不思議な池の色の中にブナたちが落とした葉や樹々が池に映ることでつくられた雰囲気が綺麗。
  • 葉が茶色く枯れてしまった樹々が多く少し残念です。
  • 葉が茶色く枯れてしまった樹々が多く少し残念です。
  • うっすらと雪が積もり白く輝く白山。そして笈ヶ岳と大笠山。
  • うっすらと雪が積もり白く輝く白山。そして笈ヶ岳と大笠山。
  • 樹間から望む三方山と袴腰山。
  • 樹間から望む三方山と袴腰山。
  • とても立派なブナの大木に出会いました。
  • とても立派なブナの大木に出会いました。
  • 展望のきかない猿ヶ山と三方山一峰のピークを過ぎると東側が開け、目に飛び込んできたのは北アルプスの山々。
  • 展望のきかない猿ヶ山と三方山一峰のピークを過ぎると東側が開け、目に飛び込んできたのは北アルプスの山々。
  • 剱、立山、薬師岳。
  • 剱、立山、薬師岳。
  • 槍、穂高。
  • 槍、穂高。
  • 葉が枯れた樹々も綺麗です。そして三方山二峰に近付けばまだ少し色付いた葉が残っていました。
  • 葉が枯れた樹々も綺麗です。そして三方山二峰に近付けばまだ少し色付いた葉が残っていました。
  • 三方山二峰。標高1,100mまで下りてきました。
  • 三方山二峰。標高1,100mまで下りてきました。
  • 中部電力の送電線の鉄塔から望む袴腰山中腹の紅葉と剱、立山、薬師岳。
  • 中部電力の送電線の鉄塔から望む袴腰山中腹の紅葉と剱、立山、薬師岳。
  • 時間があまりないので休憩はほどほどにして出発。三方山一峰に向かって登り返します。
  • 時間があまりないので休憩はほどほどにして出発。三方山一峰に向かって登り返します。
  • 三方山二峰から一峰にかけては標高が低く、ちょうど光の回り方が良かったため晩秋の綺麗な紅葉を見ることができました。
  • 三方山二峰から一峰にかけては標高が低く、ちょうど光の回り方が良かったため晩秋の綺麗な紅葉を見ることができました。
  • 落とす直前の枯れた葉に光が当たり、最後の輝きとなっています。
  • 落とす直前の枯れた葉に光が当たり、最後の輝きとなっています。
  • 樹々が葉を落とし、明るい雰囲気の登山道。
  • 樹々が葉を落とし、明るい雰囲気の登山道。
  • ところが猿ヶ山まで戻ってくると、濃いガスが湧き上がってきてお山の表情が一変。色を失った樹々たちが浮かび上がる姿が幻想的でした。
  • ところが猿ヶ山まで戻ってくると、濃いガスが湧き上がってきてお山の表情が一変。色を失った樹々たちが浮かび上がる姿が幻想的でした。
  • 樹間から眺める濃霧の中の樹。
  • 樹間から眺める濃霧の中の樹。
  • 濃い霧ですが、登山道はしっかりしているので迷う心配はありません。
  • 濃い霧ですが、登山道はしっかりしているので迷う心配はありません。
  • まだ色を残した樹々たちが浮かび上がりとても幻想的です。
  • まだ色を残した樹々たちが浮かび上がりとても幻想的です。
  • 鮮やかな衣装をまとう美しい樹。堂々とした立ち姿がとても印象的でした。
  • 鮮やかな衣装をまとう美しい樹。堂々とした立ち姿がとても印象的でした。
  • 感度を上げて撮影。暗くなる前に何とか戻ってきました。
  • 最初の池で、感度を上げて撮影。暗くなる前に何とか戻ってきました。