大熊山
2015/10/10
十石山
 
2015/10/10(土):晴れのち曇り:小又林道ゲート前~尾根取り付き~大熊山往復
*

上市町の剱岳展望台のお山のひとつ、大熊山。山と高原地図にはルートは載っていませんが、2010年に登山道が整備されてからは地元の方々を中心に登られているようです。 去年の新雪期に登ったクズバ山から眺めた剱岳の姿が素晴らしく、地図を見ると似たような角度から眺めることになりそうです。そして、大熊山も中部山岳国立公園内に位置しています。

上市町に着くと、ちょうどご来光の時間になりました。剱にはまだ少し雲が残っていますが、町の中心部から外れたところで車を止めて待ちます。程なくしてあらわれた太陽の光。険しい峰々に朝陽が輝きます。 登山口に向かう途中の伊折橋でも少し休憩して撮影。今日の天候は悪天と悪天の間になるため、太陽と雲の演出、つくり出される柔らかな光が綺麗です。美しい剱岳を存分に眺めた後、登山口へ。
登り始めからこの界隈のお山ではお約束の、大変激しい急登です。固定ロープが7ヶ所設置されています。そしてこれもまたお約束の立派な立山杉たちに出会います。 あまりの急登なので、しばらく登ればあっという間につい先ほどまで過ごしていた早月川から一気に高度を稼いだことが感じられます。500mほど登れば大熊山山頂へ続く本尾根へ。

ただ期待していた本尾根からの展望はほとんどなく、ずいぶんと登ったところで振り返ると時折密生した樹々の間から剱岳が姿をあらわす程度でした。 展望も良くない上に足もとは樹の根などにつまずきやすく、とても神経の疲れるルートでした。 ただ標高1,500mほどの湿原からの眺めを見ると疲れが吹き飛びました。秋色の湿原と紅葉の樹々を前景に、間近に迫る剱岳と北方稜線の険しい稜線、そしてブナクラ峠の奥に思いがけず大きな姿で見ることができた白馬岳、白馬鑓ヶ岳。 上空は残念ながら高曇りになってしまい太陽光がまったくありませんでしたが、この素晴らしい眺めに感激です。そして大熊山山頂は、その湿原から目と鼻の先でした。

紅葉はやはり今年は早いらしく、まだ10月上旬の標高1,500mクラスのお山なのに既に終わりに近づいていました。北アルプスの北部ということもあるのでしょう。 急登の下山が気にかかっていましたが、登山道に落ちた枯れ葉たちに助けられ、足にやさしく感じます。 このお山の名前からもこの辺りは特に熊が多いのでしょうか?頻繁に感じる獣のにおい、そして樹に付けられた鮮明な爪痕を見ることができました。

● 写真(17) ●
  • 上市町に着くと、ちょうどご来光の時間になりました。中心部から少し外れたところで車を止めて待ちます。
  • 上市町に着くと、ちょうどご来光の時間になりました。中心部から少し外れたところで車を止めて待ちます。
  • 登山口に向かう途中の伊折橋でも少し休憩して撮影。柔らかな光が綺麗です。
  • 登山口に向かう途中の伊折橋でも少し休憩して撮影。柔らかな光が綺麗です。
  • ひと登りすると、森の中に朝の光が回ってきました。
  • ひと登りすると、森の中に朝の光が回ってきました。
  • この界隈ではお約束の立派な立山杉たちに出会います。
  • この界隈ではお約束の立派な立山杉たちに出会います。
  • 針葉樹林帯から広葉樹林帯へ。ブナの黄葉が綺麗で明るい森になりました。
  • 針葉樹林帯から広葉樹林帯へ。ブナの黄葉が綺麗で明るい森になりました。
  • 本尾根からの展望はほとんどなく、ずいぶんと登ったところで時折密生した樹間から剱岳が姿をあらわす程度。
  • 本尾根からの展望はほとんどなく、ずいぶんと登ったところで時折密生した樹間から剱岳が姿をあらわす程度。
  • 標高1,500mほどまで来ると視界が一気に開けます。あらわれた剱岳。
  • 標高1,500mほどまで来ると視界が一気に開けます。あらわれた剱岳。
  • 秋色の湿原と紅葉の樹々を前景に、間近に迫る剱岳と北方稜線の険しい稜線。
  • 秋色の湿原と紅葉の樹々を前景に、間近に迫る剱岳と北方稜線の険しい稜線。
  • 山頂からは以前登ったクズバ山や大猫山。その先には毛勝三山まで眺めることができました。
  • 山頂からは以前登ったクズバ山や大猫山。その先には毛勝三山まで眺めることができました。
  • そしてブナクラ峠の奥に思いがけず大きな姿で見ることができた白馬岳、白馬鑓ヶ岳。
  • そしてブナクラ峠の奥に思いがけず大きな姿で見ることができた白馬岳、白馬鑓ヶ岳。
  • 湿原は、イワショウブのお花畑でした。
  • 湿原は、イワショウブのお花畑でした。
  • 真っ赤に染まったチングルマの葉。
  • 真っ赤に染まったチングルマの葉。
  • 上空は残念ながら高曇りになってしまいましたが、素晴らしい眺めに感激です。
  • 上空は残念ながら高曇りになってしまいましたが、素晴らしい眺めに感激です。
  • まだ10月上旬の標高1,500mクラスのお山なのに既に終わりに近づいていた紅葉。
  • まだ10月上旬の標高1,500mクラスのお山なのに既に終わりに近づいていた紅葉。
  • 紅葉を全景に毛勝三山と大猫山の稜線。
  • 紅葉を全景に毛勝三山と大猫山の稜線。
  • 下山はマクロレンズに変えて歩きました。
  • 下山はマクロレンズに変えて歩きました。
  • 樹に付けられた鮮明な熊の爪痕を見ることができました。
  • 樹に付けられた鮮明な熊の爪痕を見ることができました。