大日山
2015/09/12
大日山
 
2015/09/12(土):曇り時々晴れ:真砂集落跡~加賀甲~大日山~小大日山~徳助ノ頭
*

以前、冬の取立山から雄大な山容を眺めた時から気になっていた大日山。周回コースはそれなりに時間がかかりそうなので、朝は早めに起きてまだ暗いうちから準備していると自宅の中で足の小指を激しくぶつけてしまいました..。 骨を痛めたかも?!今日は出掛けるのは絶望的?と思いましたが慎重に指を動かしてみると、何とか骨は大丈夫そう。準備もしてしまったので、とりあえず出掛けることにしました。

登山口は既に廃村となったという真砂集落の跡地にありました。林道を歩いていると木漏れ日を感じ、朝の光が輝いていました。 全体的に湿り気の多い登山道のため足の指に気を付けながら歩いていると、突然マムシがあらわれて驚きます。まともに見たのは初めてでしたが、一日で3匹も出会いました。 どうやら日向ぼっこしているようですが、マムシのほうから逃げて行くので安心です。
苔むした岩の多い急登を登っていると、突然足が滑り、小指を守ろうとしたこともあって、今度は足のすねとひじを擦りむいてしまいました..。気を取り直してより慎重に歩きながら稜線へ。 加賀甲には立派な避難小屋が立っていました。そして笹薮の彼方に白山を望むことができました。この先の笹原は春はカタクリが満開になるとのこと。大日山へはまず随分と下り、水場を過ぎて登り返します。 大日山山頂に出ると多くの人たちがお昼の休憩中でした。鈴ヶ岳方面から来られている方も多いようです。 皆さんが下山して行かれてから、アゲハがオヤマリンドウのお花に夢中になっている姿に夢中になってしまいました。そして大日山山頂からは白山の美しい稜線を眺めることができました。

のんびり撮影した後、午後2時になったので下山します。下山では特に不安だった足の指は、しっかりとした登山靴に守られ何とか大丈夫そう。そしてこちらのルートのほうがブナ林の雰囲気が明るく綺麗です。 そう思いながら気持ち良く下山していると、何だか不思議な案内がありました。鈴ヶ岳のカタクリ小屋?地図を良く見てみると、なんと鈴ヶ岳方面へ下りてきてしまったみたいです。道を間違えてしまいました。 すでにかるく30分は下山してきてしまいました。もともと山頂でのんびりしていたので時間にはそれほどゆとりはなく、慌てて山頂へ引き返します。周回ルートは山頂手前の樹林帯に分岐がありましたが、分かりづらく、 どうしても山頂からの下山ルートとして目立つのは鈴ヶ岳方面のルート。地図を見ると鈴ヶ岳方面のルートは稜線歩きだと思い、下山=周回ルートだと思い込んでいました。 帰宅後に大日山周回された方の記録を調べて見ると、同じように間違えてしまった方もいるようです。

急いで山頂へ戻り急いで下山したので、小大日山に着いたのは15時半過ぎ。何とか明るい時間帯に下山できそうでひと安心。ただ少し前に登って行かれた単独の男性は、大丈夫でしょうか?雲が広がり夕方の光になってきました。 徳助新道の最後はかなりの急坂とありましたが、道がしっかりと付いていたので助かり、何とか無事に下山できました。

● 写真(8) ●
  • 林道を歩いていると木漏れ日を感じ、朝の光が輝いていました。
  • 林道を歩いていると木漏れ日を感じ、朝の光が輝いていました。
  • マムシをまともに見たのは初めてでしたが、一日で3匹も出会いました。すぐに逃げてしまうのでなかなか写真に残せません..
  • マムシをまともに見たのは初めてでしたが、一日で3匹も出会いました。すぐに逃げてしまうのでなかなか写真に残せません..
  • 加賀甲では笹薮の彼方に白山を望むことができました。
  • 加賀甲では笹薮の彼方に白山を望むことができました。
  • アゲハがオヤマリンドウのお花に夢中になっている姿に夢中になってしまいました。
  • アゲハがオヤマリンドウのお花に夢中になっている姿に夢中になってしまいました。
  • リンドウに夢中になっているのでこちらに対しての警戒心がほとんどありません。
  • リンドウに夢中になっているのでこちらに対しての警戒心がほとんどありません。
  • 大日山山頂から眺めた白山の美しい稜線。
  • 大日山山頂から眺めた白山の美しい稜線。
  • 小大日山からの大日山と加賀甲。想像以上に距離がありました。
  • 小大日山からの大日山と加賀甲。想像以上に距離がありました。
  • 雲が広がり夕方の光になってきました。何とか明るい時間帯に下山できました。
  • 雲が広がり夕方の光になってきました。何とか明るい時間帯に下山できました。