来拝山・尖山
2015/03/15
来拝山・尖山
 
2015/03/15(土):晴れ:青少年自然の家~来拝山往復、尖山
*

思いがけず良いお天気になった週末。一日良い予報が出ていたので、前回は眺めることのできなかった立山連峰を眺めたいと思い大辻山へ行く計画を立てました。 そして準備完了後に、突然体に気になることがありました。そういえば1年ほど前から見て見ぬふりをしながらも気になっていたことがあったことを思い出し憂鬱な気分になります。せっかく準備したのに・・。 お山へ行くことはほぼ断念しなければと思いながらも、いちおう朝の4時に目覚ましを掛けて起きるとすっかり回復したように感じたので、ただ迷っていたため出発時間が遅くなり、予定変更、 のんびりお散歩感覚で登ることができる、大辻山のお隣の来拝山に変更することにしました。

自宅を出る頃は放射冷却で冷え込み、星が瞬いていました。太陽が昇る直前のシルエットの美しい剱立山連峰を眺めながら北陸道を走ります。 青少年自然の家まではとても綺麗に除雪されていましたが路面は氷点下で凍っているので気を付けながら走ります。青少年自然の家の奥の駐車場に車を駐車させていただき林道へ向かうとしっかりとしたトレースがありました。 ほどなくしてそれなりの急登を登ります。しっかりと付いていると感じていたトレースはいつの間にか不明瞭になってきましたが見失うほどではありませんでした。 ただもし見失ったとしても、頻繁にマーキングを見つけることができるので迷わずに歩けます。
ほとんど写真を撮らないまま山頂へ。山頂に着いたのはまだ朝の9時でした。来拝山は立山を拝むお山として知られています。 残念ながら剱岳は登ろうとしていた大辻山に隠れていて見えませんが、北方稜線の一部、毛勝三山は綺麗な姿を眺めることができました。

これ以上早くにお昼ご飯を食べたことがないほどの早い時間に、のんびりとランチを済ませてもまだ10時。時間もあるし体調も悪くないので、ふと以前からとても気になっていた尖山へ行ってみることにしました。 いつも立山駅に向かう際には必ずといってもいいほど気になる尖山。最初に気付いてから気になりながらもなかなか登る機会がなかったのでいいチャンスです。 あるぺん村の少し手前の尖山駐車場に車を止めます。しばらくは林道歩き。樹間に尖山山頂が見えますが、まだ随分遠い気が・・。もしかしたら来拝山よりも大変かも。すっかり甘く見ていました。 登山口からは沢伝いの道をそれなりの距離を歩きます。いつになったら高度を稼ぐのかな?と思った頃にようやく登り始めます。
マンサクがとても綺麗に咲いていました。迷いながらマクロレンズを置いてきてしまったので、望遠レンズで撮影。早春、まだ無彩色の季節にまず最初に咲くので、まず咲くからマンサクという名になりました。

午後1時半に山頂に到着です。今度は剱岳も端正な綺麗な姿を眺めることができました。そして先ほど登った来拝山も。 振り返れば富山市街地や日本海も綺麗。尖山は想像以上の最高の展望台でした。もっとお天気の良い日には白山まで望めるそうです。 山頂では地元の方々と出会い、この尖山をはじめ富山のお山について詳しくのんびりとお話を伺うことができました(ありがとうございました)。 意外だったのは、夏のこの尖山。登山道は沢伝いに道が付けられているので虫が多そうと思っていたのですが、意外にも少ないとのこと。季節を変えてまた訪れてみたいと思いました。 それから冬の尖山は先ほど登った来拝山とはしごする方が多いみたいで、すごく良案だと思ったのに同じことをされている方が多いと知りました。

ところで翌朝の朝一番に専門のクリニックに事情を説明し、当日予約を入れていただき受診してみると、今すぐに急を要するものではないのですが、いつ突然激しい痛みに襲われることがあってもおかしくはない状態だと分かりました。 もしそれが街中ならまだともかくとして、お山の上でとなると当然歩くことができず大変なことになるとのことでした。 ただ手術して、切除してしまえばスッキリするというお話でした。術後の気になる再発も、あったとしても何十年も先とのことでした。

何より一番大切なのは仕事でご迷惑を掛けるようになる前に、そしてまだ日常生活にそれほど差し支えのない間に、このような不安なものを抱えながら生活したくはないので、迷わず手術を決断。 仕事のスケジュールや体調を考えて1ヶ月後にお願いすることにしました。術後は1~2週間ほど入院。その後はしばらく通院して完全に良くなるのは2ヶ月後。 この期間はスポーツはできませんが、行きたくても行けない状況にある方や、好きなことをしたくてもできない環境にある方の気持ちを身をもって体感できる良いきっかけになると思います。 そういう意味ではたったの3ヶ月間。最初はあまりに思い掛けないことで頭の中が真っ白になりましたが、考えてみるともう生涯お山へ行けない体だと宣告された訳ではないので最悪の事態は免れたと思っています。

これまで幸いにも健康に恵まれてきたので入院も手術も人生初体験。当然手術の不安はあり、同じ症状で再発される方もいるようです。 自分の場合は薬を飲んでもどうしても改善できない体質が原因ということもあり、手術をしても今後は本当に再発の心配はないのかと思うこと、そしてこの手術は術後の痛みがとても激しいみたいなので不安に思う気持ちもありますが、 この道では大変技術があり経験を積まれたという先生のお言葉を信じて頑張ろうと思います。 そして良い社会勉強にもなると思うので、この体験をある意味楽しむつもりでもいます。

しばらくはできるとしてもほんの簡単なウォーキング程度なので、またお山へ入ることができる日を楽しみにしながら過去のレポートを更新していこうと思います。 更新を楽しみにしてくださっている方には申し訳ない気持ちですが、また夏以降に復活します。

● 写真(13) ●
  • ほとんど写真を撮らないままあっという間に来拝山山頂に到着。
  • ほとんど写真を撮らないままあっという間に来拝山山頂に到着。
  • 太陽の光が眩しい!立山や大日岳が輝いています。
  • 太陽の光が眩しい!立山や大日岳が輝いています。
  • 残念ながら剱岳は大辻山に隠れて望むことはできませんが、北方稜線の一部、毛勝三山は綺麗でした。
  • 残念ながら剱岳は大辻山に隠れて望むことはできませんが、北方稜線の一部、毛勝三山は綺麗でした。
  • ランチ後はすっかり光が変わり、大日岳からのびる尾根がとても綺麗なことが印象的でした。
  • ランチ後はすっかり光が変わり、大日岳からのびる尾根がとても綺麗なことが印象的でした。
  • そして立山と大日岳を望遠レンズで撮影。
  • そして立山と大日岳を望遠レンズで撮影。
  • そして下山後林道からの鍬崎山。日本のマッターホルンが槍ヶ岳、富山のマッターホルンは鍬崎山。
  • そして下山後林道からの鍬崎山。日本のマッターホルンが槍ヶ岳、富山のマッターホルンは鍬崎山。
  • 林道からの尖山は遠くに感じます。
  • 林道からの尖山は遠くに感じます。
  • 綺麗なマンサクを発見。マクロレンズは置いてきたので望遠で撮影しました。
  • 綺麗なマンサクを発見。マクロレンズは置いてきたので望遠で撮影しました。
  • 望遠なので、遠くを覗くような視点で撮ってみました。
  • 望遠なので、遠くを覗くような視点で撮ってみました。
  • 尖山山頂からは立山、大日と並び端正な姿の剱岳。そして先ほど登った来拝山も。振り返れば日本海も綺麗。想像以上の最高の展望台でした。
  • 尖山山頂からは立山、大日と並び端正な姿の剱岳。そして先ほど登った来拝山も。振り返れば日本海も綺麗。想像以上の最高の展望台でした。
  • 望遠で撮影します。
  • 望遠で撮影します。
  • 振り返れば日本海も綺麗。尖山の標識とともに。
  • 振り返れば日本海も綺麗。尖山の標識とともに。
  • 下山する頃には立山に雲がかかり始めましたが、その代わりに鍬崎山は存在感ある輝きをしていました。
  • 下山する頃には立山に雲がかかり始めましたが、その代わりに鍬崎山は存在感ある輝きをしていました。