福地山
2015/02/21
福地山
 
2015/02/21(土):晴れ:福地温泉~無然平~福地山往復
*

先日はまず今年の登り始めとして白山を眺めたので、今回は槍穂高にご挨拶したいと思い、岐阜の福地山へ。 谷川岳以降はしばらく車のことで慌ただしかったので、かるくトレーニングも兼ねて標高差700mを登ります。 福地山は2年前に初めて登ったお山ですが、その時は残雪期でした。なのでこの次は霧氷を見たいと思っていました。
一日晴れの予報です。日中は気温がかなり上がる予報でしたが早朝5時に車を見ると激しくバリバリになるほどの霜が降りて凍っていたので、霧氷を期待して車を走らせます。 ところが富山市内を抜けると、大きなトラックやのんびり走る車に出会ってしまい、登り始めたのはもう朝の8時。 歩き始めた時は、冷え込みのため手の指先がかなり痛い。 でもしばらくで太陽の光が射し込み、からだがあたたまると指先の痛さはやわらぎました。

前回入った人のトレースはもうほぼ消えていました。 駐車場で一緒になったおじさまと抜きつ抜かれつしながら(とは言っても結局、半分以上はお願いすることになり助かりました。ありがとうございました)、ふくらはぎ程度のラッセルです。 残雪期に登った時とはまったく雪の量が異なりますが、一度登ったことのあるお山なのでルートの記憶がよみがえります。 焼岳展望小屋に着くとすっかり太陽が昇り眩しい陽射しが降り注いでいました。 小屋の屋根に乗っている厚い雪に驚きながら周りの広葉樹を見渡すと、樹々の枝には期待していた霧氷がまったく付いていません。 でも綺麗な樹形の樹を見つけ、焼岳と一緒に撮ることができました。

あと14カーブでほぼ中間地点の憮然平という看板があり、まだけっこう登らなきゃと思っていると山紫陽花のドライフラワーを発見。 しばらくマクロレンズで休憩です。 ところで福地山はシラカバの多いお山。広葉樹の中に白樺がところどころに点在しています。青空に真っ白の綺麗な幹が映えてとても綺麗。 樹々の間から槍ヶ岳が姿をあらわせば、ほどなくして第一展望台のある憮然平に出ました。 展望台からは、つい先ほどまで過ごしていた温泉街と一緒に槍穂高を眺めることができます。 もうすっかり春のような陽射し、登っていると汗ばむようになってきました。

ところが気温が上がって来ると雪が解け、歩いているとワカンに雪団子が付いてくるようになってとっても重い! ふくらはぎ程度とはいえ、ただでさえラッセルだけでも大変なのに更に何kgもの雪の足枷が付き、笑えるほど。なんだか激しいトレーニングしている気分・・。 でも素晴らしくお天気がいいので、足もとはそんな状態でも気持ち良く登ることができました。 ふと前を見ると、ルート上にウサギの足跡を発見。その足跡を目で追ってみると、ウサギの巣穴を発見しました。足跡のかたちを見るとどうやら巣に帰って来たようです。 野ウサギは夜行性なので今ごろ眠っていると思いますが、見てみたいな。

第二展望台まで来ると、端正な頂きの笠ヶ岳も姿をあらわします。ここでお昼の12時になってしまったので、少し休憩した後は山頂まである程度急ぎます。 山頂に着いたのは1時過ぎ。朝から快晴でしたが、山頂に着くと上空にはほど良く少し雲が広がってきて写真を撮るにはいい感じです。 福地山山頂は、新穂高温泉街とともに槍穂高、笠ヶ岳、焼岳を一望できる大変素晴らしい眺めです。 気温が高い日だとはいえ、それなりの季節のそれなりの場所なので、のんびり過ごすのに無風というのは助かりました。 素晴らしい眺めを見ながらお昼の休憩。最高に気持ちの良い静かなひとときを過ごした後、駐車場が閉まってしまう夕方5時に間に合うよう下山しました。

● 写真(19) ●
  • 焼岳展望小屋の屋根に乗っている厚い雪に驚きます。残念ながら周囲の広葉樹には霧氷は付いていません。
  • 焼岳展望小屋の屋根に乗っている厚い雪に驚きます。残念ながら周囲の広葉樹には霧氷は付いていません。
  • でも綺麗な樹形の樹を見つけ、焼岳と一緒に撮ることができました。
  • でも綺麗な樹形の樹を見つけ、焼岳と一緒に撮ることができました。
  • 山紫陽花のドライフラワーを発見。しばらくマクロレンズで休憩です。
  • 山紫陽花のドライフラワーを発見。しばらくマクロレンズで休憩です。
  • 雪の上のドライフラワー。
  • 雪の上のドライフラワー。
  • 広葉樹の中に白樺がところどころに点在しています。青空に真っ白の綺麗な幹が映えてとても綺麗。
  • 広葉樹の中に白樺がところどころに点在しています。青空に真っ白の綺麗な幹が映えてとても綺麗。
  • 第一展望台からは、つい先ほどまで過ごしていた温泉街と一緒に槍穂高を眺めることができます。
  • 第一展望台からは、つい先ほどまで過ごしていた温泉街と一緒に槍穂高を眺めることができます。
  • もうすでに樹々の根開きがはじまりそう。
  • もうすでに樹々の根開きがはじまりそう。
  • 気温が急激に上がり、ワカンが雪団子。激しいトレーニングです。
  • 気温が急激に上がり、ワカンが雪団子。激しいトレーニングです。
  • 雪上にできた樹影が綺麗です。
  • 雪上にできた樹影が綺麗です。
  • ルート上にウサギの足跡を発見。その足跡を目で追ってみると・・?
  • ルート上にウサギの足跡を発見。その足跡を目で追ってみると・・?
  • この奥がウサギの巣穴のようです。覗き込んでごめんなさい。
  • この奥がウサギの巣穴のようです。覗き込んでごめんなさい。
  • 第二展望台まで来ると、端正な頂きの笠ヶ岳も姿をあらわします。
  • 第二展望台まで来ると、端正な頂きの笠ヶ岳も姿をあらわします。
  • もうすっかり春のような陽射し、眩しく輝きます。
  • もうすっかり春のような陽射し、眩しく輝きます。
  • 汚れのない真っ白な雪も輝いています。山頂まであともうしばらくなので少し急ぎます。
  • 汚れのない真っ白な雪も輝いています。山頂まであともうしばらくなので少し急ぎます。
  • 山頂に着くと上空にはほど良く少し雲が広がってきて写真を撮るにはいい感じでした。
  • 山頂に着くと上空にはほど良く少し雲が広がってきて写真を撮るにはいい感じでした。
  • 振り返れば、針葉樹と広葉樹のコラボレーション。
  • 振り返れば、針葉樹と広葉樹のコラボレーション。
  • この素晴らしい眺めを見ながらのお昼のランチは、最高に気持ちの良い静かなひととき。
  • この素晴らしい眺めを見ながらのお昼のランチは、最高に気持ちの良い静かなひととき。
  • ただ笠ヶ岳にまとわり付く暗いちぎれ雲がちょっと不気味でした。
  • ただ笠ヶ岳にまとわり付く暗いちぎれ雲がちょっと不気味でした。
  • 下山時には乗鞍方面も雲がかかってきました。
  • 下山時には乗鞍方面も雲がかかってきました。