鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
2014/05/03~2014/05/05
鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
 
2014/05/03(土):晴れのち曇り夕方晴れ:柏原新道登山口~八ツ見ベンチ~南尾根~ジャンクションピーク(幕営)
2014/05/04(日):晴れのち曇り:ジャンクションピーク~爺ヶ岳~冷池山荘~鹿島槍ヶ岳~冷池山荘~爺ヶ岳~ジャンクションピーク(幕営)
2014/05/05(月):曇りから雪と雨:ジャンクションピーク~南尾根~八ツ見ベンチ~柏原新道登山口
● 2014/05/03 ●

5月連休の鹿島槍ヶ岳は難易度が高く感じる上に登山者がそれほど多くない山域にも思うので諦めていましたが、今年は雪が少ないとのことで稜線歩きは大丈夫そうな可能性が高く感じること、 そして爺ヶ岳南尾根のジャンクションピークには毎年連休の間は晴れればそれなりの数のテントが張られるとのことで、思いきってチャレンジしてみることにしました。
当初2泊目は冷池までテントを運ぶ予定でいましたが、5日の天気予報を見ると朝から厳しそうだったので、そんな中を大きなザックで爺ヶ岳まで戻ってくるのは危険だと感じました。 稜線でテントを張れないのはとても残念ですが、ジャンクションピークで連泊することに。 ただ実際に冷池から南尾根を歩いてみると、お天気、そして積雪量や雪の状態に恵まれた状態でもこのルートで重い荷物では厳しそうに感じました。

朝6時に扇沢に着いた時は、すでに登山口周辺の駐車場は満車。次はスノーシェッドひとつ分だけ戻ったポイントに車がとまりはじめていたので、登山口まで少し歩くだけで済み助かりました。 登山届を提出しまずは夏道を歩きますが、この時期は夏道は八ツ見ベンチまでですぐに爺ヶ岳南尾根に取り付きます。南尾根は樹林帯の中を直登していきます。 この時期入る人はそれなりにいるため基本的にルートはしっかりしていましたが、本来一般ルートではないため歩き辛い部分や藪漕ぎのようなところもあり、 また残雪が残っている箇所と残っていない箇所があったためなるべくできる範囲で樹々や植生を傷つけないよう心掛けて登ります。 このようなルートなので登るのは大変でしたが雪が締まっていたのでそういう意味では登りやすく助かりました。それからこれほどの急登だと潔く感じるほどで、登れば登るほど稜線が近付くのが実感できます。 そしてジャンクションピークが近付くと、樹林帯の中のルートと樹林帯横の雪の斜面のルートとトレースが分かれ、どちらかを選ぶことができました。

ジャンクションピークに向けての最後の登りで空に雲が広がり風が強くなり予報通り天候悪化へ。 幕営地に着いた頃は既に10張りを超えるテントが張られ、整地しているとますます風が強くなりテントに入った頃には雪が舞ってきました。 時間があるのでのんびりと水作りしていると、夕方には相変わらず風は強いですが晴れてきたので思い切って爺ヶ岳南峰へ行けるところまでと思い、出掛けてみました。ただ樹林帯を抜けるとさらに風が強まり体がふらつくほど。 南峰への登りはすっかり雪が解けていたのでアイゼンを外します。風と戦うように登っていると剱岳があらわれました。そして槍穂高も。 なだらかな台地に出て見上げると南峰はまだそれなりに時間がかかりそうだったので、ここで撮影することに。でもさらなる強風で体ごと吹き飛ばされそうなほどの風、そしてあらためて風の怖さを体感できました。 やっとの思いで何枚か写真を撮り、テントに戻った時はホッとしました。夜になるとますます風が強まりましたがすぐ近くに他のテントの人たちもいる安心感もあり熟睡できました。

● 2014/05/04 ●

朝起きるとまだ風は強く、そして気温は-6℃で冷え込んでいます。鹿島槍までの往復はルートも長いので、体力の温存のためテントの前でご来光を眺めました。 他のテントの皆さんはすでに出発の準備をされています。朝6時にテントを出て1時間ほど登れば爺ヶ岳南峰へ。 すっかり青空が広がり風も弱まりつつあります。周囲の山々が見渡せて、剱・立山連峰が真正面にとても綺麗です。 そして今から向かう鹿島槍が堂々と聳え立つ姿、以前夏に爺ヶ岳に登った時は周囲はガスに覆われていたのでこの眺めは初めてで新鮮でした。 南峰からの下りからまた雪が付いていたので山頂でアイゼンを装着。南峰からの下りは凍て付き少し怖く感じて先の行程が思いやられましたが、その先のルートはしっかりとしたトレースが付き、 気になっていた中峰や北峰のトラバースもハイマツの間を夏道を歩くような感覚でした。ただ北峰で一ヶ所だけ、とても高度感のある箇所がありましたが慎重に行けば大丈夫でした。 ただそれもこの穏やかな天気、そして歩いていると無風状態になったこと、数日前の降雪後に多くの方が行き交いしっかりとしたトレースが付き、気温が低いためそのトレースも程良く雪が締まり、 歩くことを考えればこの時期では最高に安全に歩きやすい条件でした。

冷池山荘まで3時間かかりました。ここまで来ればあともうしばらくの気持ちでいましたが、実際に歩いてみるとまだまだ遠くに感じました。中でも布引山の登りが辛く、やっと超えたと思ってもまだなかなか近付かない感覚。 でも振り返ると爺ヶ岳の姿が素晴らしく美しく、ここまで歩いてきたルートが一望でき、そして常に隣に剱岳を眺めながらの稜線歩きが最高でした。
鹿島槍ヶ岳の山頂に着いたのはちょうどお昼の12時。冷池からさらに3時間もかかってしまいました。山頂は多くの人で賑わっていました。山頂では残念ながら高曇り。もうすでに下り坂の兆候が出てきたようです。 帰りのことも考えるとゆっくりはしていられないので10分ほどで下山。冷池山荘でランチをする予定でいましたが残念ながら時間もないので諦めます。爺ヶ岳中峰まで来ると、登山道上に突然何か動くいきものがいてビックリ! 雌のライチョウでした。隣で写真を撮っていても逃げようとせず、もうここまで来れたら先はそれほど長くないのでライチョウとともにしばらくのんびりとした時を過ごしました。 気付けば夕方の5時。高曇りなので太陽がやわらかな光に包まれました。良くみると幻日があらわれていて綺麗です。南峰まで戻りしばらく夕陽を眺めた後でテントに戻りました。

● 2014/05/05 ●

朝はご来光が見られないならのんびりしたかったのですが、夜半過ぎから風が強まり、そしてまた予報通り朝から荒れてきました。 なるべく早めに発とうと思い早朝から準備をしてテントを撤収していると、とうとう雪が舞ってきました。 稜線で強風に遭ったら大変そうです。冷池で多くの人が泊まっていたことを思うと大丈夫でしょうか?逃げるように樹林帯に駆け込みましたが下るごとに稜線のガスも下りてきて、悪天に追いかけられるように下山。 雪が小雨に変わり、でも樹々に守られながら八ツ見ベンチまで下りてきましたがここで雨具を出して登山口にはちょうどお昼に到着しました。
天候と体力を考えるとこのスケジュールがベストの選択でした。そしてこの時期の鹿島槍に条件が良かったため無事に行って来ることができた達成感、そして感謝の気持ちです。 この次は新雪期にもう少し時間にゆとりを持って訪れてみたいと思いました。

● 写真(48) ●
  • 爺ヶ岳登山口には、この時期は夏道ではなく南尾根を直登することと山荘情報が記されていました。
  • 爺ヶ岳登山口には、この時期は夏道ではなく南尾根を直登することと山荘情報が記されていました。
  • 潔い急登、登るごとに稜線が近付きます。お隣の岩小屋沢岳の雪解け進む荒々しい岩壁。
  • 潔い急登、登るごとに稜線が近付きます。お隣の岩小屋沢岳の雪解け進む荒々しい岩壁。
  • そして樹々の間からこれから目指すジャンクションピーク付近を望むことができました。
  • そして樹々の間からこれから目指すジャンクションピーク付近を望むことができました。
  • 樹林帯横のルートに出ると眼下にははるか下に扇沢が見えました。そして蓮華岳と針ノ木岳が聳え立っていました。
  • 樹林帯横のルートに出ると眼下にははるか下に扇沢が見えました。そして蓮華岳と針ノ木岳が聳え立っていました。
  • 少し登って振り返って1枚。このルートは一部激しく急だったことで下山は怖くて樹林帯の方を選びました。
  • 少し登って振り返って1枚。このルートは一部激しく急だったことで下山は怖くて樹林帯の方を選びました。
  • ジャンクションピークまであともうしばらくです。登りのひとと下りのひとが行き交います。でも写真に撮ると高度感が出ません。
  • ジャンクションピークまであともうしばらくです。登りのひとと下りのひとが行き交います。でも写真に撮ると高度感が出ません。
  • ゆっくり登って6時間でジャンクションピークに到着です。すでに10張ほどテントが張られていました。
  • ゆっくり登って6時間でジャンクションピークに到着です。すでに10張ほどテントが張られていました。
  • 夕方、また青空が広がってきました。激しい強風でしたが思い切って行けるところまで行ってみます。
  • 夕方、また青空が広がってきました。激しい強風でしたが思い切って行けるところまで行ってみます。
  • 南峰へ向かって登っていると剱岳があらわれました。これ以上先へ進むのは恐怖を感じるほどの風でした。
  • 南峰へ向かって登っていると剱岳があらわれました。これ以上先へ進むのは恐怖を感じるほどの風でした。
  • すっかり雲が流れてしまいました。蓮華岳の奥に槍穂高。針ノ木岳だけまだ雲が残っています。扇沢が俯瞰できました。
  • すっかり雲が流れてしまいました。蓮華岳の奥に槍穂高。針ノ木岳だけまだ雲が残っています。扇沢が俯瞰できました。
  • 蓮華岳の光と影が綺麗でした。
  • 蓮華岳の光と影が綺麗でした。
  • 朝起きると、お隣の山岳会の方々が準備中でした。
  • 朝起きると、お隣の山岳会の方々が準備中でした。
  • 体力の温存のため、ご来光はテントの前で。
  • 体力の温存のため、ご来光はテントの前で。
  • 爺ヶ岳南峰を登るごとに剱岳が姿をあらわします。
  • 爺ヶ岳南峰を登るごとに剱岳が姿をあらわします。
  • 雲ひとつない快晴。はるか彼方に八ヶ岳や富士山も望むことができました。
  • 雲ひとつない快晴。はるか彼方に八ヶ岳や富士山も望むことができました。
  • 南峰に到着するとあらわれる鹿島槍ヶ岳の迫力ある姿。
  • 南峰に到着するとあらわれる鹿島槍ヶ岳の迫力ある姿。
  • 立山から剱岳、毛勝三山まで一望することができました。同じ稜線に立つのは種池山荘です。
  • 立山から剱岳、毛勝三山まで一望することができました。同じ稜線に立つのは種池山荘です。
  • 爺ヶ岳の中峰と北峰です。ルートは雪が付いている箇所と付いていない箇所があるようです。
  • 爺ヶ岳の中峰と北峰です。ルートは雪が付いている箇所と付いていない箇所があるようです。
  • 爺ヶ岳から鹿島槍に続く稜線です。鹿島槍まではまだまだ遠い存在に感じます。
  • 爺ヶ岳から鹿島槍に続く稜線です。鹿島槍まではまだまだ遠い存在に感じます。
  • トレースがしっかりと、そして雪がほどよくしっかりと締まっていました。
  • トレースがしっかりと、そして雪がほどよくしっかりと締まっていました。
  • 新潟の山々も綺麗です。左から、雨飾山、火打山、妙高山、戸隠の乙妻山、高妻山。
  • 新潟の山々も綺麗です。左から、雨飾山、火打山、妙高山、戸隠の乙妻山、高妻山。
  • 爺ヶ岳北峰からの下りで冷池山荘が近付きました。でもまだ鹿島槍までは越えなければならないピークが2つ。
  • 爺ヶ岳北峰からの下りで冷池山荘が近付きました。でもまだ鹿島槍までは越えなければならないピークが2つ。
  • テントを出発して3時間、冷池山荘に到着です。賑わっていました。
  • テントを出発して3時間、冷池山荘に到着です。賑わっていました。
  • しばらく登って振り返ります。爺ヶ岳北峰、中峰、南峰の並んだ頂きが綺麗!
  • しばらく登って振り返ります。爺ヶ岳北峰、中峰、南峰の並んだ頂きが綺麗!
  • 山荘を後にしてひとつ目のピークを登ったところから。上空に早くも雲が広がってきたので少し焦ります。
  • 山荘を後にしてひとつ目のピークを登ったところから。上空に早くも雲が広がってきたので少し焦ります。
  • 布引山の登りが急で長く感じ辛いですが剱と立山の美しさに励まされます。
  • 布引山の登りが急で長く感じ辛いですが剱と立山の美しさに励まされます。
  • 布引山からは夏道が出ていましたがルート横の雪が解けてブロック状態に。怖いけど美しいです。
  • 布引山からは夏道が出ていましたがルート横の雪が解けてブロック状態に。怖いけど美しいです。
  • そして布引山を越えれば、ようやくあと残す登りは鹿島槍本峰のみ。
  • そして布引山を越えれば、ようやくあと残す登りは鹿島槍本峰のみ。
  • 鹿島槍ヶ岳南峰に着きました。でも時間がないので休憩は10分だけにします。五竜岳、白馬岳方面です。
  • 鹿島槍ヶ岳南峰に着きました。でも時間がないので休憩は10分だけにします。五竜岳、白馬岳方面です。
  • 爺ヶ岳と歩いて来た稜線のルートを俯瞰します。遠くに槍穂高。
  • 爺ヶ岳と歩いて来た稜線のルートを俯瞰します。遠くに槍穂高。
  • 下山中、今にも崩壊しそうな雪を眺めながら歩きます。
  • 下山中、今にも崩壊しそうな雪を眺めながら歩きます。
  • 何度も写真に残しておきたくなる剱岳。
  • 何度も写真に残しておきたくなる剱岳。
  • 冷池山荘でランチ休憩するつもりでしたが時間がないので諦めます。また爺ヶ岳の北峰を登ります。
  • 冷池山荘でランチ休憩するつもりでしたが時間がないので諦めます。また爺ヶ岳の北峰を登ります。
  • 北峰でつららを見つけたのでしばらく休憩です。
  • 北峰でつららを見つけたのでしばらく休憩です。
  • 十字峡につながる棒小屋沢が剱へ向かっているように見える場所。
  • 十字峡につながる棒小屋沢が剱へ向かっているように見える場所。
  • お昼頃から雲が出てきたのが気になっていましたが、高曇りで無風のままなのが助かりました。
  • お昼頃から雲が出てきたのが気になっていましたが、高曇りで無風のままなのが助かりました。
  • 中峰まで戻ってきてホッとしていると、登山道上に何か動くいきものが。ライチョウでした!
  • 中峰まで戻ってきてホッとしていると、登山道上に何か動くいきものが。ライチョウでした!
  • あとは南峰を登るだけなので心にゆとりができ、ライチョウとともにしばらくのんびりと過ごしました。
  • あとは南峰を登るだけなので心にゆとりができ、ライチョウとともにしばらくのんびりと過ごしました。
  • 剱岳の光が変化してきたので、ライチョウとお別れして南峰へ向かいます。
  • 剱岳の光が変化してきたので、ライチョウとお別れして南峰へ向かいます。
  • 十字峡につながる棒小屋沢が剱へ向かっているように見える場所。
  • 十字峡につながる棒小屋沢が剱へ向かっているように見える場所。
  • 下り坂の雲によってつくられる、やわらかな光が綺麗でした。
  • 下り坂の雲によってつくられる、やわらかな光が綺麗でした。
  • 太陽が沈んでしまうと30分ほどで暗くなってしまうので、名残惜しいですが下山します。
  • 太陽が沈んでしまうと30分ほどで暗くなってしまうので、名残惜しいですが下山します。
  • 写真を撮りながら下山します。立山の上空にも幻日があらわれました。
  • 写真を撮りながら下山します。立山の上空にも幻日があらわれました。
  • 最後は望遠で。昨日と異なり陽が沈むまでほぼ無風で、快適に安全に下山できました。
  • 最後は望遠で。昨日と異なり陽が沈むまでほぼ無風で、快適に安全に下山できました。
  • 夜半過ぎから風が出てきて予報通り天候悪化です。ご来光の時間は一筋の赤い光だけ見ることができました。
  • 夜半過ぎから風が出てきて予報通り天候悪化です。ご来光の時間は一筋の赤い光だけ見ることができました。
  • 出発の準備しているととうとう雪が降ってきました。ガスの流れが綺麗です。
  • 出発の準備しているととうとう雪が降ってきました。ガスの流れが綺麗です。
  • 膝を痛めない程度に急いで下山します。稜線からガスが下りて来ました。
  • 膝を痛めない程度に急いで下山します。稜線からガスが下りて来ました。
  • 雪が雨に変わりましたが樹林帯に助けられながら無事に下山できました。
  • 雪が雨に変わりましたが樹林帯に助けられながら無事に下山できました。