金剛堂山
2014/04/13
金剛堂山
 
2014/04/13(土):晴れ 利賀スノーバレー駐車場~片折岳~前金剛~中金剛~竜口峰~利賀スノーバレーゲレンデ下山
*

金剛堂山は霧氷と展望が素晴らしいとのことで積雪期に登ってみたいと思っていましたが、たいらから利賀までのアクセス路が長いこともあり、まずは下見にと思い残雪期に登ってみることにしました。
現在は営業されていない利賀スノーバレースキー場に車を止めます。駐車場奥にある小屋横から登山開始。しっかりとしたトレースがあり安心でした。 すでに固い雪となっていたことと登り始めから急登だったのでアイゼンを装着して登っていると、夏道登山道との合流地点付近からはトレースに沿って赤布の目印がありました。 最初の急登後、一旦緩やかになり、さらに登ると片折岳に到着。山頂はなだらかでもうすでに早くも白山を目にすることができました。

片折岳から一旦下りさらに登っていると、先月登った高落場山が望めました。そしてさらに剱岳や薬師岳を遠望できるようになりました。 ただ残念ながら高曇り。そして残雪期らしく遠くの山々が霞んでいます。山頂から北アルプスの山々を望めることを祈りながら登ります。 この頃から尾根は痩せてきて、もうかなり崩れていましたが雪庇に注意しながら登るとなだらかな前金剛の山頂へ。すると槍穂高も目にすることができました。
山頂からは毛勝三山から剱、大日、立山、薬師、黒部五郎、槍ヶ岳、笠ヶ岳、穂高、焼岳、乗鞍、御嶽と北アルプスの山々を望める大パノラマ。そして白山山系や地元医王山も望むことができ感激です。 前金剛から金剛堂山で最も標高の高いピークの中金剛はなだらかな稜線が続いていました。

中金剛まで行き休憩後、天気も穏やか、風も微風なので、周回ルートを辿ることにしました。 一段下り振り返ると、先程まで過ごしていた前金剛が聳え立ち、そして光輝く残雪と樹々の表情がとても綺麗でした。 アップダウンを何度も繰り返すのでそろそろ太腿に疲れを感じながら歩いていると、セッケイカワゲラや小さなクモたちが頻繁に目に付き、踏んでしまわないように気を付けて歩きます。 そして目前に突然立ちはだかる竜口峰の登り。でもきっとこれが最後と思い、階段状になったトレースにここでも助けられながら登り、ピークに着き振り返ると前金剛が想像以上に遠くに感じました。 それだけ長いルートを歩いてきたことが実感できます。 そしてまたさらに続くアップダウンを繰り返して、ようやくゲレンデのトップリフトに到着しました。 ゲレンデからの夕方の太陽の光が綺麗。残雪期は雪の踏み抜きには気を付けなければなりませんが、日が長いのは助かります。 厳冬期は周回は難しそうなのでピストンになりそうですが、広大なブナ林と北アルプス展望が素晴らしく今度は霧氷と展望を楽しみに厳冬期に訪れたいと思いました。

ところで今回は「FieldAccess」(http://dendrocopos.jp/fieldaccess/)を初めて使用してみることにしました。 事前キャッシュで周辺地図を取り込み、ヤマレコから今回の金剛堂山周回ルートを辿った方のログを取り込ませていただき、実際に電波の届かないところで表示してみました。 前金剛から周回ルートの尾根への取り付きは最初どこから下りてよいものか迷いましたが、このログのおかげで助かりました。 気になるのはやはりバッテリーですが100%に満充電し、山中でGPSをONにしてアプリを立ち上げたままで時折確認する程度の使用頻度で、下山したときは残70%。 iPhoneを購入してまだ半年ということと天候が穏やかで4月ですが、この程度でしたら予備バッテリーを携帯すれば冬山でも使えそうで安心しました。

● 写真(35) ●
  • さすが豪雪地のお山。登山口からブナが多く、このような立派なブナも。
  • さすが豪雪地のお山。登山口からブナが多く、このような立派なブナも。
  • こちらはシンメトリーに仲良く立つブナたちを前景にして高落場山や医王山。
  • こちらはシンメトリーに仲良く立つブナたちを前景にして高落場山や医王山。
  • 片折岳に着くと真っ白に雪を冠った白山が姿をあらわしました。右は三ヶ辻山や人形山。
  • 片折岳に着くと真っ白に雪を冠った白山が姿をあらわしました。右は三ヶ辻山や人形山。
  • 片折岳からしばらく過ぎたところでもう一枚。アップで。
  • 片折岳からしばらく過ぎたところでもう一枚。アップで。
  • しばらく天気は良い予報が出ているのですが、太陽に暈がかかっています。
  • しばらく天気は良い予報が出ているのですが、太陽に暈がかかっています。
  • 片折岳から一旦下り、登り返したところで振り返ります。
  • 片折岳から一旦下り、登り返したところで振り返ります。
  • 剱や立山、薬師岳も遠くに姿をあらわします。
  • 剱や立山、薬師岳も遠くに姿をあらわします。
  • 雪庇が崩れた後に先週降り積もった雪が残っています。
  • 雪庇が崩れた後に先週降り積もった雪が残っています。
  • 登るごとに白山の雄大な姿があらわれてきます。左の目立つピークは、そばかど峰?
  • 登るごとに白山の雄大な姿があらわれてきます。左の目立つピークは、そばかど峰?
  • 雪解けがどんどん進み崩れているのが迫力満点です。つい覗き込みたくなりますがほどほどに。
  • 雪解けがどんどん進み崩れているのが迫力満点です。つい覗き込みたくなりますがほどほどに。
  • クマに出会えそうな風景..と思っていたら恐らくクマらしき3頭の足跡を発見。望遠で撮るのを忘れ後で後悔します。
  • クマに出会えそうな風景..と思っていたら恐らくクマらしき3頭の足跡を発見。望遠で撮るのを忘れ後で後悔します。
  • この辺りからダケカンバも出現します。まだまだモノトーンの世界に明るい色の幹が映えて綺麗。
  • この辺りからダケカンバも出現します。まだまだモノトーンの世界に明るい色の幹が映えて綺麗。
  • 再び振り返ると登ってきた尾根の全貌を目にすることができました。そして左には高落場山の奥に地元のお山の医王山も。
  • 再び振り返ると登ってきた尾根の全貌を目にすることができました。そして左には高落場山の奥に地元のお山の医王山も。
  • 崩れた雪。そして立山から薬師岳、黒部五郎に続く稜線が見えます。山頂からの眺めが楽しみです。
  • 崩れた雪。そして立山から薬師岳、黒部五郎に続く稜線が見えます。山頂からの眺めが楽しみです。
  • 突然、なだらかになりました。山頂まであともう一息。
  • 突然、なだらかになりました。山頂まであともう一息。
  • 前金剛に到着、祠がありました。高曇りの空、春らしく霞んでいますが、北アルプス全貌を望むことができて感激。
  • 前金剛に到着、祠がありました。高曇りの空、春らしく霞んでいますが、北アルプス全貌を望むことができて感激。
  • 望遠レンズを出して、まずは槍穂高。そして笠ヶ岳が連峰に重なっています。
  • 望遠レンズを出して、まずは槍穂高。そして笠ヶ岳が連峰に重なっています。
  • 剱、大日、別山、立山も綺麗です。
  • 剱、大日、別山、立山も綺麗です。
  • 最も標高の高いピークの中金剛へ。
  • 最も標高の高いピークの中金剛へ。
  • 中金剛の山頂で、剱から穂高まで眺めながらランチにします。
  • 中金剛の山頂で、剱から穂高まで眺めながらランチにします。
  • 天気も穏やか、風も微風なので、周回ルートを辿ることにしました。一段下りた後でピークを振り返ります。
  • 天気も穏やか、風も微風なので、周回ルートを辿ることにしました。一段下りた後でピークを振り返ります。
  • 前方は気持ちの良い稜線歩き。でもスキー場まではそれなりに距離がありそう。
  • 前方は気持ちの良い稜線歩き。でもスキー場まではそれなりに距離がありそう。
  • 光輝く残雪と樹々の表情がとても綺麗。
  • 光輝く残雪と樹々の表情がとても綺麗。
  • 残雪から顔を出し、起き上がろうとする樹々。
  • 残雪から顔を出し、起き上がろうとする樹々。
  • ブナとダケカンバ。雪解けが進みます。
  • ブナとダケカンバ。雪解けが進みます。
  • アップダウンが続きますが、気持ちの良い稜線歩きが楽しめます。
  • アップダウンが続きますが、気持ちの良い稜線歩きが楽しめます。
  • 竜口峰です。激しい下りの後で激しい登りが待っていました。
  • 布竜口峰です。激しい下りの後で激しい登りが待っていました。
  • 竜口峰を登り終えて振り返ります。前金剛が想像以上に遠くに感じました。
  • 竜口峰を登り終えて振り返ります。前金剛が想像以上に遠くに感じました。
  • 前金剛をアップで。
  • 前金剛をアップで。
  • 竜口峰の頂きからようやく見えた利賀スキー場のゲレンデ。
  • 竜口峰の頂きからようやく見えた利賀スキー場のゲレンデ。
  • 見上げると、ブナに立派なヤドリギがありました。このルート上では何度も見かけました。
  • 見上げると、ブナに立派なヤドリギがありました。このルート上では何度も見かけました。
  • 薄雲が出て太陽を覆い、やわらかな光に包まれました。
  • 薄雲が出て太陽を覆い、やわらかな光に包まれました。
  • 春山で根開きを見ると、樹々のぬくもりと力強さを感じます。
  • 春山で根開きを見ると、樹々のぬくもりと力強さを感じます。
  • ゲレンデから登りで歩いた尾根の全貌を眺めることができました。
  • ゲレンデから登りで歩いた尾根の全貌を眺めることができました。
  • 太陽が綺麗。そして残雪期は日が長いことが助かります。
  • 太陽が綺麗。そして残雪期は日が長いことが助かります。