高落場山
2014/03/22
高落場山
 
2014/03/22(土):曇りのち晴れ 五箇山トンネル沿い駐車場~唐木峠~高落場山往復
*

連休は土曜日を境にして季節は冬から春へ移り変わるとの予報を見て、冬型の降雪直後、霧氷を見ることができるラストチャンスだと思い慌てて近くのお山へ。 自宅から登山口まで1時間という好アクセスにも関わらずブナ林と白山山系、身近な医王山、そして運が良ければ北アルプスの山々を望むことができるとのことで、登るとしたらまずはぜひ冬にと思っていました。
午前中はまだ雲が残るとの予報なので、朝はのんびりと6時に起き7時に出発。五箇山トンネルに着いたのは8時でした。前日は自宅周辺でも吹雪いていたこともあり、さすがこの近辺は積雪量が多くてまだ厳冬期のようです。 除雪車格納庫前は綺麗に除雪されていますが駐車禁止なので、道路を挟んで向かい側の駐車場へ。車を止めるのに少々難儀したためスタートは9時になってしまいました。

先行者の方々のトレースの他、数日前に入った方のトレースも残っていたので道に迷うことがなく助かりました。マーキングは分かり辛いところもあり、トレースがなければ注意が必要です。 針葉樹にしっかりと積もった雪を見るとさすが豪雪地帯だと感じます。青空が顔を覗かせたり、そしてまた雲が広がり青空を覆い隠したりの繰り返し。 雲が広がると辺りはすっかりモノトーンの世界になりますが、その中に小さな眩しい黄色の可愛らしいお花を見つけました。マンサクです。厳冬期のような風景の中でも確実に春が訪れようとしている証し。 先日あたたかい日が続いた時に、一気に芽吹いたのでしょう。でもまさかお花に出会えるとは思ってもいなかったので幸せでした。

一時間ほど登ると展望が開け砺波平野の散居村が一望できました。そして振り返れば目指す高落場山の全貌。しばらく下り、唐木峠に設置された案内板からしばらく登り返すと医王山が姿をあらわします。
そして思いがけず広大な、美しいブナ林に出会うことができました。お昼近くになってもまだお天気がすっきりせず、気温も低く、霧氷を見るには好条件でした。 太陽があらわれれば霧氷がはらはらと落ち、そしてまた太陽が隠れればモノトーンの厳しい氷の世界。その変化を楽しみながら山頂へ。

山頂では残念ながら白山も北アルプスも望むことはできませんでしたがお楽しみはまたこの次の機会に。
また青空が広がってきたので近くの樹林帯へ向かい霧氷を撮っていると、あたたかな陽射しからちょうど季節が冬から春へ移り変わるようなやわらかな雰囲気の写真に。 山頂付近から下山でのブナ林では、登りの時とは雰囲気が一変し、樹々に付いた霧氷がまるでお花のように華やかに見えました。 この次は展望が期待できそうな冬の晴天時や、ブナの深緑や紅葉の時期にもぜひ訪れたくなりました。

● 写真(30) ●
  • 朝9時出発です。五箇山トンネル手前なのにこの積雪量。さすが豪雪地です。
  • 朝9時出発です。五箇山トンネル手前なのにこの積雪量。さすが豪雪地です。
  • 除雪車格納庫前には駐車禁止の張り紙があります。登山口はこの格納庫裏となります。
  • 除雪車格納庫前には駐車禁止の張り紙があります。登山口はこの格納庫裏となります。
  • 降り積もったばかりの雪を抱える針葉樹たち。
  • 降り積もったばかりの雪を抱える針葉樹たち。
  • 時折顔を覗かせる青空の中、コブシのあたたかそうな冬芽に癒されます。
  • 時折顔を覗かせる青空の中、コブシのあたたかそうな冬芽に癒されます。
  • 台形のひときわ目立つ袴腰山。東海北陸道で飛騨トンネルに次ぐ長さの袴腰トンネルが通っています。
  • 台形のひときわ目立つ袴腰山。東海北陸道で飛騨トンネルに次ぐ長さの袴腰トンネルが通っています。
  • 小さな小さな春の訪れ。思いがけず、マンサクのお花に出会うことができました。
  • 小さな小さな春の訪れ。思いがけず、マンサクのお花に出会うことができました。
  • 一時間ほど登ると視界が開け、高落場山の全貌があらわれました。
  • 一時間ほど登ると視界が開け、高落場山の全貌があらわれました。
  • 砺波平野の散居村が一望できました。青空が顔を覗かせたり、そしてまた雲が広がり青空を覆い隠したりの繰り返し。
  • 砺波平野の散居村が一望できました。青空が顔を覗かせたり、そしてまた雲が広がり青空を覆い隠したりの繰り返し。
  • ここで一旦下りますがそれほど標高差はありませんでした。
  • ここで一旦下りますがそれほど標高差はありませんでした。
  • 樹の枝に生き物が意図的に付けた不思議なものを発見。これって..何?冬の間に蓄えた食べ物でしょうか?それとも?
  • 樹の枝に生き物が意図的に付けた不思議なものを発見。これって..何?冬の間に蓄えた食べ物でしょうか?それとも?
  • 唐木峠の案内板。掘られた跡がありましたがこの案内板を見ることができるということは積雪量は少ないとのこと。
  • 唐木峠の案内板。掘られた跡がありましたがこの案内板を見ることができるということは積雪量は少ないとのこと。
  • 唐木峠からしばらく登り返すと、樹々の間から医王山を望むことができました。
  • 唐木峠からしばらく登り返すと、樹々の間から医王山を望むことができました。
  • 青空が隠れると、針葉樹たちがまた厳冬期の装いに。
  • 青空が隠れると、針葉樹たちがまた厳冬期の装いに。
  • その針葉樹を背景に浮かび上がる、広葉樹の細い枝に付いた霧氷が寒々しい雰囲気。
  • その針葉樹を背景に浮かび上がる、広葉樹の細い枝に付いた霧氷が寒々しい雰囲気。
  • 針葉樹林帯から広葉樹林帯へ。美しい茶の木肌はナツツバキでしょうか?それともリョウブ?お隣はブナです。
  • 針葉樹林帯から広葉樹林帯へ。美しい茶の木肌はナツツバキでしょうか?それともリョウブ?お隣はブナです。
  • そしてまた、時折砺波平野の散居村を眺めながらブナ林を登ります。
  • そしてまた、時折砺波平野の散居村を眺めながらブナ林を登ります。
  • 霧氷をまとった樹々たちは寒々しい表情です。
  • 霧氷をまとった樹々たちは寒々しい表情です。
  • 細い枝先一本一本にまで付いた霧氷はため息の出る美しさ。
  • 細い枝先一本一本にまで付いた霧氷はため息の出る美しさ。
  • まるでお花を咲かせたような華やかな表情に見える時もあります。
  • まるでお花を咲かせたような華やかな表情に見える時もあります。
  • 1,122mの高落場山山頂到着です。残念ながら白山や北アルプスは雲の中。なだらかな雄大なお山は金剛堂山です。
  • 1,122mの高落場山山頂到着です。残念ながら白山や北アルプスは雲の中。なだらかな雄大なお山は金剛堂山です。
  • 医王山に光が射し込み綺麗です。福光の街並みを眼下に見下ろすと、それなりの標高差を感じます。
  • 医王山に光が射し込み綺麗です。福光の街並みを眼下に見下ろすと、それなりの標高差を感じます。
  • 頂きが目立つお山は、白山山系の大門山。そしてその下に見えるのはたいらのスキー場です。
  • 頂きが目立つお山は、白山山系の大門山。そしてその下に見えるのはたいらのスキー場です。
  • 山頂はもうほとんど霧氷が落ちてしまっていたので、まだ何とか一部残っている樹の元へ。
  • 山頂はもうほとんど霧氷が落ちてしまっていたので、まだ何とか一部残っている樹の元へ。
  • あたたかな陽射しから春を感じました。
  • あたたかな陽射しから春を感じました。
  • 光が射し込むことによって、樹々の表情がまったく異なります。
  • 光が射し込むことによって、樹々の表情がまったく異なります。
  • 季節は冬から春へ。樹々から春の喜びを感じます。
  • 季節は冬から春へ。樹々から春の喜びを感じます。
  • 下山中、最後にまだ多くの霧氷をまとった堂々とした樹々を見つけ、その美しさに圧倒されました。
  • 下山中、最後にまだ多くの霧氷をまとった堂々とした樹々を見つけ、その美しさに圧倒されました。
  • 木峠から登り返し振り返って高落場山を眺めます。こちらも先ほどとはまったく異なる表情です。
  • 木峠から登り返し振り返って高落場山を眺めます。こちらも先ほどとはまったく異なる表情です。
  • 熊の爪の痕を見つけました。確かに登りやすそうな気に見えます。
  • 熊の爪の痕を見つけました。確かに登りやすそうな気に見えます。
  • 再び雲が広がって来ました。雲間から射す夕方の光が綺麗でした。
  • 再び雲が広がって来ました。雲間から射す夕方の光が綺麗でした。