福地山
2013/03/30
福地山
 
2013/03/30(土):晴れ:福地温泉~無然平~福地山往復
*

槍穂高や笠ヶ岳の展望が素晴らしい福地山は、新平湯や福地温泉街を挟みちょうど焼岳と向かい合うようにして位置しています。
福地温泉街の日帰り温泉「昔ばなしの里・石動の湯」の近くに登山者用駐車場があります。ただし利用時間は午後5時まででした。 登山口に設置されていた親切な案内板によると、ルート沿いに第一から第四展望台まであり、登山道中にも槍穂高や焼岳を望みながら歩けそうですが・・残念ながらまだ上空はすっきりしない空のまま。 でも早朝から続いた雨は一旦止みました。予報通り、回復に向かってくれることを祈ります。

歩き始めると夏道沿いにトレースが付いていて安心です。先行者もありそうな雰囲気。九十九折の登りだったので、一気に高度を稼ぎます。登山道中には度々白樺が目に付いたことが印象的でした。 ただ休憩小屋のある焼岳展望台からは、まだ雲が残り、やはり残念ながら焼岳を望むことはできませんでした。
尾根コースと谷川コースの分岐に出ました。とりあえず眺めの良さそうな尾根コースを選びます。 もしかしたら今日は一日曇り空のまま・・?と思い始めたところに、空が明るくなってきました。そう思っていると雲が流れ、青空が顔を覗かせ、そして槍穂高、焼岳が姿をあらわしました。 槍穂高手前のお山に降り積もった雪は昨晩降った雪でしょうか?粉砂糖を振りかけたようです。

先程の両コースが合流し、憮然平に出ました。篠原憮然と言うこの地で活躍された哲学者の方の像が立っています。この辺りの白樺林もまた綺麗です。樹の根開きが綺麗・・すっかり春の光景です。 朝の愚図ついたお天気が嘘のように、すっかり眩しい青空が広がりました。
そしてまた、尾根コースと谷川コースの分岐に出ます。少し迷いましたが尾根コースは歩き辛そうということと、先行されている方のトレースが谷川コースにあるので今度は谷川コースを選択。 久しぶりの登山に少し疲れてきたところで第二展望台に出ました。笠ヶ岳も望めるようになってきました。手前は大木場ノ辻のようです。 第二展望台を過ぎるとだいぶ雪深くなってきましたが適度に雪が締まり、たまに足が沈む程度です。ワカンは使いませんでしたが、中にはスノーシューを使っている人もいました。

第四展望台では樹間から乗鞍を眺めた後、山頂へ。山頂は素晴らしい展望でした。眼下には、槍穂高連峰とともに新穂高温泉街や新穂高ロープウェーまで目にすることができました。 この景色を眺めながらのランチは至福のひととき。ただ贅沢ながらもすっかり晴れ渡ってしまったことが残念です。
夕方、山々が赤く染まるまで眺めていたい気持ちになりながらもとてもそんな時間まで過ごしていることはできないので下山します。 下山中にはヤドリギを抱えた樹々に出会い、樹々に射し込む夕方の光が綺麗でした。
福地山では北アルプス南部の山々と温泉街を同時に見渡すことができるということがとても新鮮に感じました。 素晴らしい展望に巡り合えたことに感謝、この次は霧氷の季節に訪れたいと思います。

● 写真(19) ●
  • 日帰り温泉の「昔ばなしの里・石動の湯」の近くに登山者用駐車場があります。ただし利用時間は午後5時まで。
  • 日帰り温泉の「昔ばなしの里・石動の湯」の近くに登山者用駐車場があります。ただし利用時間は午後5時まで。
  • 親切な案内板がありました。第一から第四展望台まであり、登山道中にも槍穂高や焼岳を望むことができそうです。
  • 親切な案内板がありました。第一から第四展望台まであり、登山道中にも槍穂高や焼岳を望むことができそうです。
  • 福地温泉街に登山口があります。
  • 福地温泉街に登山口があります。
  • 夏道沿いにトレースが付き先行者もありそうな雰囲気で安心ですが、見上げればまた泣きそうな空になってきました。
  • 夏道沿いにトレースが付き先行者もありそうな雰囲気で安心ですが、見上げればまた泣きそうな空になってきました。
  • 休憩小屋のある焼岳展望台からは焼岳を望むことはできませんでした。台地が崩落している箇所が気になります。
  • 休憩小屋のある焼岳展望台からは焼岳を望むことはできませんでした。台地が崩落している箇所が気になります。
  • 尾根コースと谷川コースの分岐。眺めが良さそうな尾根コースを選びます。
  • 尾根コースと谷川コースの分岐。眺めが良さそうな尾根コースを選びます。
  • 空が明るくなってきたかと思うと、雲が流れ青空が顔を覗かせ、そして槍穂高、焼岳が姿をあらわしました。
  • 空が明るくなってきたかと思うと、雲が流れ青空が顔を覗かせ、そして槍穂高、焼岳が姿をあらわしました。
  • 西穂からジャンダルム、槍ヶ岳までを望遠で。手前のお山の雪は昨晩降った雪でしょうか?粉砂糖を振りかけたようです。
  • 西穂からジャンダルム、槍ヶ岳までを望遠で。手前のお山の雪は昨晩降った雪でしょうか?粉砂糖を振りかけたようです。
  • 先程の両コースが合流し、憮然平に出ました。篠原憮然と言うこの地で活躍された哲学者の方の像が立っています。
  • 先程の両コースが合流し、憮然平に出ました。篠原憮然と言うこの地で活躍された哲学者の方の像が立っています。
  • 樹の根開きが綺麗。すっかり春の光景です。
  • 樹の根開きが綺麗。すっかり春の光景です。
  • 朝の愚図ついたお天気が嘘のようにすっかり眩しい青空が広がりました。今度は谷川コースを選択。
  • 朝の愚図ついたお天気が嘘のようにすっかり眩しい青空が広がりました。今度は谷川コースを選択。
  • しばらく登ると笠ヶ岳があらわれました!そして槍穂高も再び。青空に白い山々が映えます。
  • しばらく登ると笠ヶ岳があらわれました!そして槍穂高も再び。青空に白い山々が映えます。
  • 第二展望台からは笠ヶ岳から焼岳まで。この付近も適度に雪が締まりたまに足が沈む程度で助かります。
  • 第二展望台からは笠ヶ岳から焼岳まで。この付近も適度に雪が締まりたまに足が沈む程度で助かります。
  • 山頂は素晴らしい展望でした。眼下には、新穂高温泉街や新穂高ロープウェーまで俯瞰できました。
  • 山頂は素晴らしい展望でした。眼下には、新穂高温泉街や新穂高ロープウェーまで俯瞰できました。
  • 山頂の標識とともに、笠ヶ岳から槍穂高、焼岳まで。
  • 山頂の標識とともに、笠ヶ岳から槍穂高、焼岳まで。
  • 樹々の根開きに光が差し込まない時間帯になり、先程とはすっかり異なる雰囲気に。
  • 樹々の根開きに光が差し込まない時間帯になり、先程とはすっかり異なる雰囲気に。
  • 残雪と、ヤドリギを抱えた樹々に射す夕方の光が綺麗でした。
  • 残雪と、ヤドリギを抱えた樹々に射す夕方の光が綺麗でした。
  • 下山時の焼岳展望台では、綺麗に望むことができました。
  • 下山時の焼岳展望台では、綺麗に望むことができました。
  • 下山後、新穂高に寄ってみました。焼岳が夕方の綺麗な色になりました。
  • 下山後、新穂高に寄ってみました。焼岳が夕方の綺麗な色になりました。