大猫山
2012/09/16
大猫山
 
2012/09/16(日):晴れ:馬場島~大猫平~大猫山往復
*

剱岳の展望台、大猫山。 猫又山と合わせて登る方も多いみたいですが、コースタイムが長く午後から雲が出そうなこと、そしてこの領域に入るのは初めてなこと、 そして何より現時点の体調を考えると大猫山をピストンだけでも行けたら・・という気持ちで馬場島に向かいました。
馬場島では連休のため剱岳へ向かう人が多い中、静かなブナクラ谷方面へ。 以前は取水堰堤まで車で入れたようですが、最近は工事車両に迷惑がかかるという理由から馬場島からしばらく先にゲートが設置されるようになったようです。 ゲートから林道を1時間ほど歩いたところに登山口があります。ゲート前には10台ほどは車をとめられるスペースがありましたが、連休なのにとまっていた車は4、5台。

ゲートから一緒だったおじさまとお話しながら登山口へ。地元の方で、もう数えきれないほどこの山域に通っていらっしゃるそうです。 なのでかなりご高齢の方なのに、今日は猫又山から大猫山へ周回して来られるそうです。 大猫山登山口は、一見登山口のようには見えませんでした。茂みに白いテープがひとつ付けられているだけで、近寄るとようやく登り口だと分かる程度でした。
最初は立山杉の巨木に迎えられながらも、大変激しい急登の連続でした。このように標高の低い位置から登る登山口としては、ここが北アルプスの中で一番の急登なのでは?と感じるほど。 ただあまりの激しさに潔さを感じ、楽しめます。そして登山口から一時間半ほど登れば、樹間から大きく聳え立つ剱岳が望めるようになってきました。

展望の良い場所に出たと思えば1,400mピークあたりのようです。馬場島の標高は740mなので、3時間で700mほども登ったことになります。(コースタイムは2時間半。しかもそのうちの1時間は林道) 池ノ平山や剱御前、浄土山も望めるようになってきました。素晴らしい眺めで興奮していたため、せっかくの眺めなのに撮った写真はいい加減になってしまいました(汗。ここで50代ほどのご夫婦に先に行ってもらいます。 そしてさらに1時間ほど登ると1,500mのピークに出ました。ここまで登ると富山平野や富山湾まで眺められるようになってきて、どんどん高度を稼いでいることが分かります。
この先はさらに急登になるようですが、ここでひとつ気付いたことは、登山口周辺は薄暗く心細い感じでしたが登れば登るほど眺めが良くなってくるので意外にも樹林帯の割には明るい雰囲気のルートです。

登り始めて4時間経った10時頃、大猫平に出ました。写真撮影の時間を短くした結果、ちょうどコースタイム通りです。少しだけ色付き始めた草紅葉。 秋は素晴らしく美しくなりそうです。この次は紅葉の綺麗な時期に訪れたいと思いました。湿原にはイワショウブのお花が綺麗でした。秋風の中、寄りそうにして咲くお花たち。 池塘群はもう終わりかな?と思った頃にもまだ次々とあらわれます。これほどの規模だとは思いませんでした。
大猫平から先は、また激しい急登でした。カメラを出して写真を撮ることもできないほど。 雲が広がって来たので大急ぎで登り次の台地、大猫山の稜線に着いたのは11時半でした。大きく聳える猫又山と釜谷山が綺麗・・。

そして猫又山の右奥には、高いお山が見えました。地図を見てみると五竜岳と鹿島槍ヶ岳のようです。
その後、剱には雲がかかり始めもう姿があらわれることはありませんでしたが、何とか稜線でこの展望を見ることができて良かったと思いました。
剱はすっかりガスの中。隠れていく姿を眺めながらお昼の休憩をしていると、馬場島から少しご一緒させていただいたおじさまが猫又から下りて来られ、あまりの早さに驚きました!
大猫山付近にも池塘が点在していました。それぞれの池塘でそれぞれ生きる植物が異なりそれぞれがつくりだす模様が綺麗。のんびりと湿原の写真を撮って下山しました。

大猫山登山道は、地元有志の方々によって10年ほど前に登山道を付けられたとのこと。
そして何と金銭的支援を受けずに付けられたということです。
この眺めをみるとあまりの展望の素晴らしさに道を付けられた方々の気持ちがとても良く分かりましたが、どのくらいの時間、どのくらいの労力が必要だったのかを考えると、 言葉ではとても言い表せないほど大変な作業なことと思います。一歩一歩、歩くごとに感謝しながら歩きたいと思いました。

● 写真(18) ●
  • 馬場島からしばらく先のゲート。このゲートから林道を1時間ほど歩いたところに登山口があります。
  • 馬場島からしばらく先のゲート。このゲートから林道を1時間ほど歩いたところに登山口があります。
  • 大猫山登山口に出ました。ゲートから一緒だったおじさまとお別れです。
  • 大猫山登山口に出ました。ゲートから一緒だったおじさまとお別れです。
  • 登山口から一時間半ほど登れば、樹間から大きく聳え立つ剱岳が望めるようになってきました。
  • 登山口から一時間半ほど登れば、樹間から大きく聳え立つ剱岳が望めるようになってきました。
  • 1,400mピークからは池ノ平山や剱御前、浄土山も望めるようになってきました。
  • 1,400mピークからは池ノ平山や剱御前、浄土山も望めるようになってきました。
  • 登れば登るほど眺めが良くなるので、意外にも樹林帯の割には明るい雰囲気のルートです。
  • 登れば登るほど眺めが良くなるので、意外にも樹林帯の割には明るい雰囲気のルートです。
  • 湿原にはイワショウブのお花が綺麗でした。
  • 湿原にはイワショウブのお花が綺麗でした。
  • マクロレンズでお花を見ていると可愛らしいお花ひとつひとつが微笑んでいるようでした。
  • マクロレンズでお花を見ていると可愛らしいお花ひとつひとつが微笑んでいるようでした。
  • のんびり穏やかな雰囲気の草原とは対照的に剱岳の険しい姿。色付きかけた草紅葉が綺麗で秋を感じます。
  • のんびり穏やかな雰囲気の草原とは対照的に剱岳の険しい姿。色付きかけた草紅葉が綺麗で秋を感じます。
  • 青空にぽっかりと浮かぶ雲。大きな池塘に出会いました。
  • 青空にぽっかりと浮かぶ雲。大きな池塘に出会いました。
  • 水生植物の描く模様が綺麗。
  • 水生植物の描く模様が綺麗。
  • 大猫平から先はまた激しい急登、ひと段落して剱を眺めます。先ほどまで過ごしていた大猫平は右手の色付きかけた台地です。
  • 大猫平から先はまた激しい急登、ひと段落して剱を眺めます。先ほどまで過ごしていた大猫平は右手の色付きかけた台地です。
  • 大きく聳える猫又山と釜谷山が綺麗..でも雲が流れてきたので慌てて1枚。
  • 大きく聳える猫又山と釜谷山が綺麗..でも雲が流れてきたので慌てて1枚。
  • 猫又山の右奥の高いお山は、地図を見てみると五竜岳と鹿島槍ヶ岳のようです。
  • 猫又山の右奥の高いお山は、地図を見てみると五竜岳と鹿島槍ヶ岳のようです。
  • ガスが流れ、あっという間に剱岳の姿が隠れてしまいました。
  • ガスが流れ、あっという間に剱岳の姿が隠れてしまいました。
  • もう一度、猫又山と釜谷山。残念ながらこちらもそろそろ見納めのようです。
  • もう一度、猫又山と釜谷山。残念ながらこちらもそろそろ見納めのようです。
  • 大猫山付近にも池塘が点在していました。小さくて可愛らしい形の池塘をアップで。
  • 大猫山付近にも池塘が点在していました。小さくて可愛らしい形の池塘をアップで。
  • 不思議な池塘を見つけました。それぞれの池塘でそれぞれ生きる植物が異なりそれぞれがつくりだす模様が綺麗。
  • 不思議な池塘を見つけました。それぞれの池塘でそれぞれ生きる植物が異なりそれぞれがつくりだす模様が綺麗。
  • 大きな池塘まで下りてきました。曇り空になりやわらかな光の中、とても綺麗でした。
  • 大きな池塘まで下りてきました。曇り空になりやわらかな光の中、とても綺麗でした。