大日ヶ岳
2012/04/15
大日ヶ岳
 
2012/04/15・日:晴れ:高鷲スノーパーク~大日ヶ岳~天狗山付近往復
*

連休前に一度雪山に入っておきたいと思い、体調に少し不安があったので気軽に登ることのできそうな白山山系の大日ヶ岳に登ることにしました。
高鷲スノーパークのゲレンデではもう4月の半ばなのにまだ綺麗な雪質で、とても賑わっていました。今年は残雪も多く、営業期間を延長するみたいです。 フロントでは登山届を受け付けてくださり、下山予定時刻を報告しなければなりませんでした。 ゲレンデ最上部からはもう北アルプス北部の剱岳から南部の穂高岳まで綺麗に見渡すことができました。 今年は4月上旬まで寒い日が続きましたがもうすっかり春山の雰囲気。樹林帯を抜けると気持ちの良い稜線歩きが始まりました。 北アルプスを眺めながらの贅沢な稜線歩き。少し急勾配の斜面を登りきるとスキー場が少しずつ遠ざかり、足もとに。

登っていた人たちの半数近くがバックカントリーの人たちでした。 白山も望めるようになってくるともう山頂。さすが白山山系のお山、白山がとても間近に感じます。 白山に向かってなだらかな尾根が伸びていてトレースも付いています。いざ歩いてみると体調はそれほど悪くはなく、もうしばらく先へ向かって歩いてみることにします。 山頂ではあまりの気持ち良さにお昼寝をしている人がいました(笑。標高1,709mの標石と、少しだけ顔を出しているのは大日如来さま。 大日ヶ岳は、標高がそれほど高くないのに想像以上にダケカンバが数多く目に付きました。 少しアップダウンを繰り返しますが、気持ちの良い稜線歩き。そろそろお昼だというのに、まだ北アルプスの全容が見渡せます。

天狗山を少し過ぎたあたりのピークまでくると、白山がますます間近に感じられました。 もう少し近づいてみたい気持ちもありますが、ゲレンデのフロントで3時に下山すると言い残して来たのでこの辺りでUターンします。ちょうど12時、お昼の休憩です。
Uターンする頃に雲が広がってきましたが、それでも高曇りなので展望がききます。 美しいダケカンバに出会いました。雲のかたちに沿うようにして立つダケカンバ。北アルプスを遠くに眺めながら本格的な春を待ち焦がれるようにのびのびと枝を広げていました。
大日ヶ岳山頂に戻ってきたのは午後2時。山頂はスキーヤーが2名、ボーダーが1名。もう大部分の人たちが下山してしまったようです。先ほどとは異なり静かな山頂でした。 山頂からはほとんど登りはないのであっという間です。今日は一日中、北アルプスを眺めながら歩くことができました。おそらくこれほど展望が良い日は少ないと思うので、贅沢な一日になりました。

● 写真(20) ●
  • 高鷲スノーパークのゲレンデではもう4月の半ばなのにまだ綺麗な雪質で、とても賑わっていました。
  • 高鷲スノーパークのゲレンデではもう4月の半ばなのにまだ綺麗な雪質で、とても賑わっていました。
  • まだゲレンデのにぎやかな雰囲気が伝わって来る中、最初は樹林帯を登ります。
  • まだゲレンデのにぎやかな雰囲気が伝わって来る中、最初は樹林帯を登ります。
  • もうすっかり春山の雰囲気。樹林帯を抜けると気持ちの良い稜線歩きが始まります。
  • もうすっかり春山の雰囲気。樹林帯を抜けると気持ちの良い稜線歩きが始まります。
  • 北アルプスを眺めながらの贅沢な稜線歩き。
  • 北アルプスを眺めながらの贅沢な稜線歩き。
  • 少し急勾配の斜面を登りきるとスキー場が少しずつ遠ざかり、足もとに。遠くには御嶽も望めます。
  • 少し急勾配の斜面を登りきるとスキー場が少しずつ遠ざかり、足もとに。遠くには御嶽も望めます。
  • こんなところにテントを発見(笑。この展望の中で、朝、夕方の光、そして夜は輝く星空が見られたら最高だろうな。
  • こんなところにテントを発見(笑。この展望の中で、朝、夕方の光、そして夜は輝く星空が見られたら最高だろうな。
  • 大日ヶ岳山頂まであともうひと登り。
  • 大日ヶ岳山頂まであともうひと登り。
  • あっという間に大日ヶ岳山頂に着いてしまいました。白山と別山です。さすが豪雪地帯、たっぷりの雪を抱え真っ白な姿が美しいです。
  • あっという間に大日ヶ岳山頂に着いてしまいました。白山と別山です。さすが豪雪地帯、たっぷりの雪を抱え真っ白な姿が美しいです。
  • そして望遠レンズで。槍ヶ岳から穂高までの縦走路がはっきりと、笠ヶ岳も美しい姿。
  • そして望遠レンズで。槍ヶ岳から穂高までの縦走路がはっきりと、笠ヶ岳も美しい姿。
  • そして乗鞍岳。
  • そして乗鞍岳。
  • 立山と剱岳。そして薬師岳。
  • 立山と剱岳。そして薬師岳。
  • 御嶽山。
  • 御嶽山。
  • 標高1,709mの標石と、少しだけ顔を出しているのは大日如来さま。
  • 標高1,709mの標石と、少しだけ顔を出しているのは大日如来さま。
  • 経ヶ岳、野伏ヶ岳。そして少し遠くに荒島岳。
  • 経ヶ岳、野伏ヶ岳。そして少し遠くに荒島岳。
  • 少しアップダウンを繰り返しますが、気持ちの良い稜線歩き。振り返ると大日ヶ岳山頂からけっこう歩いて来ました。
  • 少しアップダウンを繰り返しますが、気持ちの良い稜線歩き。振り返ると大日ヶ岳山頂からけっこう歩いて来ました。
  • そろそろお昼だというのに、まだ北アルプスの全容が見渡せます。
  • そろそろお昼だというのに、まだ北アルプスの全容が見渡せます。
  • 白山がますます間近に感じられます。もう少し近づいてみたい気持ちもありますが、この辺りでUターンします。
  • 白山がますます間近に感じられます。もう少し近づいてみたい気持ちもありますが、この辺りでUターンします。
  • Uターンする頃に雲が広がってきました。それでも高曇りなので展望がききます。左奥のピークが大日ヶ岳。
  • Uターンする頃に雲が広がってきました。それでも高曇りなので展望がききます。左奥のピークが大日ヶ岳。
  • 雲のかたちに沿うようにして立つダケカンバ。北アルプスを遠くに眺めながら、本格的な春を待ち焦がれるようにのびのびと枝を広げていました。
  • 雲のかたちに沿うようにして立つダケカンバ。北アルプスを遠くに眺めながら、本格的な春を待ち焦がれるようにのびのびと枝を広げていました。
  • この辺り一帯は美しい樹形のダケカンバが多く、出会う樹々たちそれぞれに惹かれました。
  • この辺り一帯は美しい樹形のダケカンバが多く、出会う樹々たちそれぞれに惹かれました。