倶利伽羅峠
2017/10/14
倶利伽羅峠
 
2017/10/14:Ride Time:3:23・Distance:65.1km・Avg Speed:19.1km/h
*

先週のお山と先々週のロードバイクでかなりの負荷のあるトレーニングをしたこともあり今週はゆっくりするつもりでしたが、せっかく自転車に乗れそうなお天気を無駄にしたくないと思い、近場のルートを考えることにしました。 40kmから50kmほどのそれほど坂道が厳しくないルートを考えていたところ、ふと倶利伽羅方面はまだ走っていないことに気付きました。勾配と距離はそれなりにありそうなので、また疲労の残った体と相談しながらのチャレンジです。

道の駅「倶利伽羅源平の郷」から県道を外れてお山方面へ。道に迷いながらも地図を見ながら苔むした細い坂道を登ると、まず最初の目的地の標高194mの城ヶ峰に到着。 まったく下調べをしないまま来てしまいましたが、龍ヶ峰城という城が築かれ、上杉謙信に攻め落とされたのちに佐々成政が使用したと言われるとのことでとても驚きました。 城ヶ峰や倶利伽羅峠付近では、幅の狭い道路があちこちにありましたが、綺麗な案内板やトイレがしっかりと整備されていました。

県境で最も標高の高い倶利伽羅峠までの道は勾配がきつく斜度12%の標識が設置されていましたが無事に登り切った場所には今度は倶利伽羅合戦の案内板があり、そして大きな展望台が設置されていました。 今日は曇り空で残念でしたが、南砺の山々から北アルプスまで一望できるようです。 ところで倶利伽羅峠といえば木曽義仲の火牛。この峠まで4、500頭もの牛を運び、倍の兵力を持った平家軍に夜襲をかけた歴史的にとても有名な地です。倶利伽羅峠を観光することになりあらためて歴史の再勉強になった一日となりました。

● 写真(8) ●
  • この辺りは国土交通省から「歴史国道」に認定されているとのこと。綺麗な案内板がありました。
  • この辺りは国土交通省から「歴史国道」に認定されているとのこと。綺麗な案内板がありました。
  • 標高194mの城ヶ峰には龍ヶ峰城という城が築かれ、上杉謙信に攻め落とされたのちに佐々成政が使用したと言われるとのこと。
  • 標高194mの城ヶ峰には龍ヶ峰城という城が築かれ、上杉謙信に攻め落とされたのちに佐々成政が使用したと言われるとのこと。
  • 城跡の最も高い主郭まで登り、歴史国道を見下ろします。
  • 城跡の最も高い主郭まで登り、歴史国道を見下ろします。
  • 医王山方面を望むことができました。
  • 医王山方面を望むことができました。
  • 斜度12%の坂を登り切ると倶利伽羅峠に到着。今度は倶利伽羅合戦の案内板がありました。
  • 斜度12%の坂を登り切ると倶利伽羅峠に到着。今度は倶利伽羅合戦の案内板がありました。
  • 倶利伽羅峠に設置された展望台。今日は曇り空で残念でしたが、南砺の山々から北アルプスまで一望できるようです。
  • 倶利伽羅峠に設置された展望台。今日は曇り空で残念でしたが、南砺の山々から北アルプスまで一望できるようです。
  • そしてこんなところにも。
  • そしてこんなところにも。
  • 途中で稲葉山や小矢部の街を眺めながら駆け下りました。
  • 途中で稲葉山や小矢部の街を眺めながら駆け下りました。