宝達山・宮島峡
2017/09/02
宝達山・宮島峡
 
2017/09/02:Ride Time:7:08・Distance:124.6km・Avg Speed:17.4km/h
*

日中は風の強い予報が出ていたため、海沿いや平坦地よりヒルクライムを選ぶことにしました。砺波から山田村方面へ抜ける道を走ってみたいと思い、いつものように早起きして県道27号線へ。 ところが予報に反して霧雨が降ってきました。はじめはこのまま走り続けようかなと思いましたが、路面を見ると次第にアスファルトの濡れ方が著しくなってきました。 コンビニで雨宿りしながら雨雲レーダーを見ると、どうやら南砺市は今後数時間は雨のようです。 そこで予定変更、能登方面へ。同程度の距離、高低差を考えて、宝達山へ向かうことにしました。

津幡の街中を抜け宝達志水町へ向かって走っていると、徐々に青空が広がり始めました。 朝の9時ちょうどに宝達山の入り口に到着。記念撮影をして山の龍宮城へ向かって登り始めます。 平均斜度が7.8%ですが、覚悟をしていたほど辛くはなく、気温が上がって来る時間帯になりましたが、木陰に助けられながらマイペースで登っていると徐々に高度を稼ぎ青く綺麗な日本海が見えるようになってきました。 カーブが多い道でしたが、車がほとんど来ないので自由にルート取りさせてもらいながら登ります。

もしかするとこのままノンストップで登り切れるかも?と思った頃に残り1kmの表示を通り過ぎ、勾配が急になってきましたがダンシングで何とか登り切り、龍宮城に到着!他のローディたちは小屋でのんびり休んでいました。 宝達山山頂にやっと着いたと思った瞬間、さらなる坂道を見つけました。なんと勾配30%!の標識。どうやらこの先が宝達山の山頂のようです。 見たことのない勾配の標識に恐れおののきながらも好奇心もあってそのまま進んでみることに。まず最初の激坂は何とか登り切ることができました。 でも次にあらわれたさらなる激坂は、もう見ただけでアウト。ロードバイクを引いて登るだけでも恐怖に感じます。 これで終わりと思いましたが、また次にもうひとつさらなる激坂!もちろん引いて歩いて登ってようやく山頂に到着しました。時間は10時過ぎでした。

山頂からは立山連峰から後立山などの北アルプスを望むことができそうですが、やはり富山方面は雲が広がっています。 龍宮城に戻ると海方面はすっきり晴れてとても綺麗な眺めでした。 しばらく休憩後、津幡方面に下るつもりが道を間違えて富山方面に下ってしまっていることに気付きました。戻るのも面倒なのでそのまま先へ進み、せっかくなので五位ダム経由で宮島峡へ寄って帰ることにします。 宮島峡は15年ぶりくらいに訪れましたが以前より駐車場など整備されていました。見応えのある美しい滝があり、この暑い時期にはちょうどよく心地よい風が吹きとても快適に涼ませていただきました。 ところが宮島峡の鼓ヶ滝へのアクセスは県道でしたがとても細い道で荒れていて車1台がやっと通ることのできる道幅、大変でした。小矢部の街中に出るとほっとしながら休憩。 天気を見ると、小矢部市はどうやら早朝からお昼前までは雨だったようです。その後は最短ルートで国道304号線へ。夕陽を眺めながら金沢に戻りました。

● 写真(15) ●
  • 朝の9時ちょうどに宝達山の入り口に到着。記念撮影をして山の龍宮城へ向かって登り始めます。
  • 朝の9時ちょうどに宝達山の入り口に到着。記念撮影をして山の龍宮城へ向かって登り始めます。
  • 宝達山の山頂に到着。残念ながら北アルプスは雲の中。一等三角点がありました。
  • 宝達山の山頂に到着。残念ながら北アルプスは雲の中。一等三角点がありました。
  • 下るときに山頂へ向かう激坂を撮ってみました。
  • 下るときに山頂へ向かう激坂を撮ってみました。
  • 見たことのない勾配の標識に恐れおののきます。こちらも下った時に撮りました。
  • 見たことのない勾配の標識に恐れおののきます。こちらも下った時に撮りました。
  • 龍宮城の展望台から海を眺めました。真っ青で綺麗!刈り取られる前の稲穂が輝いています。
  • 龍宮城の展望台から海を眺めました。真っ青で綺麗!刈り取られる前の稲穂が輝いています。
  • 龍宮城。
  • 龍宮城。
  • 富山周りで帰ることに。五位ダムに着きました。気温が上がって暑い時間帯。
  • 富山周りで帰ることに。五位ダムに着きました。気温が上がって暑い時間帯。
  • ダムの水位がずいぶん下がっているように感じます。
  • ダムの水位がずいぶん下がっているように感じます。
  • 子撫川ダムに到着しました。こちらは水量が多いです。
  • 子撫川ダムに到着しました。こちらは水量が多いです。
  • 宮島峡の竜宮淵。穏やかな水の流れ、そして周囲の緑が美しく印象的でした。
  • 宮島峡の竜宮淵。穏やかな水の流れ、そして周囲の緑が美しく印象的でした。
  • 迫力ある二の滝。滝の間近で眺めることができ圧倒されました。
  • 迫力ある二の滝。滝の間近で眺めることができ圧倒されました。
  • 一の滝。小ナイアガラ瀑布と呼ばれるそうですが、これほど美しく均等な段差で落ちる滝は珍しいように感じます。
  • 一の滝。小ナイアガラ瀑布と呼ばれるそうですが、これほど美しく均等な段差で落ちる滝は珍しいように感じます。
  • 弁慶岩。縦7.8m、幅5.6mとのこと。弁慶の足跡が付いていると伝えられているそうです。
  • 弁慶岩。縦7.8m、幅5.6mとのこと。弁慶の足跡が付いていると伝えられているそうです。
  • ところがその先の鼓ヶ滝。県道でしたがとても細い道で荒れていて車1台がやっと通ることのできる道幅、大変でした。
  • ところがその先の鼓ヶ滝。県道でしたがとても細い道で荒れていて車1台がやっと通ることのできる道幅、大変でした。
  • 金沢の街並みが見えてきた頃、綺麗な夕陽でした。
  • 金沢の街並みが見えてきた頃、綺麗な夕陽でした。