新湊大橋
2015/08/23
新湊大橋
 
2015/08/23:Ride Time:8:11・Distance:150.8km・Avg Speed:18.4km/h
*

前回の乗鞍は大変だったけれど想像していたよりも体力を使わずに登ることができたので、今回はロングライドに挑戦してみることにしました。
自宅周辺は金沢市中心部以外の方面は坂が多く、それだけで体力が奪われるので、自宅出発では70kmほどが最高距離でした。 そのため100kmほどの長距離を走ろうと思うときは、ロードバイクを車に積んでなるべく平坦なルートを走ることができる場所を探していました。 でも今回は思い切ってどこまで走ることができるか挑戦してみることにします。

なるべく朝早く出ようと思っていましたが、前日の夜遅くに腹痛に悩まされ、結局自宅を朝7時に出発。 県道27号線の峠越えはなるべく体力を温存しようと思い、登り坂は時速8km/hほどで脚に負荷を掛けないようにのんびりと走ります。 太陽が昇りちょうど眩しい時間帯ですが、医王山や富山方面には空全体に雲が広がり陽射しを遮ってくれているので助かります。 道路の気温表示は22℃、快適です。時折、自分の倍ほどのスピードでローディが追い抜いていきます。ところがある時「ファイト!」と声を掛けられて追い抜かれたのがランの人でした。 勾配が5、6%ほどの斜度なのに軽快に走り去っていきます。ローディならともかくランの人にまで抜かされるなんて..と思いペースが乱されかけましたが、この先の距離を思うとマイペースが一番だと思い直します。

福光まで来ると右足の大腿四頭筋が少しだけ、そして右腕がなぜかすごく痛い。先行きが少し不安..。マイペースを意識し過ぎて体がこわばって腕に力が入りすぎていたかもしれません。 庄川まではしばらく路幅のゆったりとした平坦ルートが続くので、右腕に負担をかけずほぐすようにのんびりと走ることにします。 庄川まで来ると右足と右腕の痛みが和らぎ、驚くことにまだ休憩しなくても大丈夫そう。そして国道359号線に出るまでは緩い下り坂なので、快適でした。 何だか調子がいいので、もしかしたらこのまま359号線沿いのホーライサンまで行けるかも?!と思いましたが、念のためコンビニでトイレ休憩。そしてお握りを1つだけ購入します。 ホーライサンは富山市入りしたしばらく後のちょうどよい休憩ポイントです。とりあえずホーライサンまで行けたらちょうど往復100kmほどになるので、その先へ進むか戻るかその時に決めようと思っていました。

359号線は車の皆さんはスピードを出すけれど、登坂車線があるのでそれほど危険は感じませんでした。ところが富山市に入ると上空に怪しい雲が広がり雨がポツリと来ました。 雨が降ってきたら大変。先ほどコンビニで少しだけですが休憩したのもあって、まだ行けそうな感じ。そのまま走り続けることにします。 359号線から海へ向かって一直線のルートはとても気持ちが良くあっという間に小杉を過ぎ射水市中心部へ。 国道472号線は舗装工事をしていて走り辛くパンクしませんように..と祈りながら、でも時折あらわれる「海王丸パークまであと○○km」の標識に励まされます。 海が近くなると上空の雲がなくなり、陽射しも照り付け気温が上昇し、いい加減そろそろ休憩したい気持ちになりましたが、もうここまで来たらノンストップで行けたらという思いなので頑張ります。

自宅を出て3時間半後の10時30分に新湊大橋に着きました!朝起きてから取得カロリーはパンを0.4斤、アクエリアスを薄めたものを500mlのみでした。暑さもあり体力がどんどん奪われていきます。日陰で休憩したい気持ち。 もし時間があれば渡れたらと思っていたので、新湊大橋を渡ってみることにしました。ただ新湊大橋は残念ながら自転車に乗って渡ることはできないので、手で押して渡ることになります。 下から見上げるとそれなりの距離がありそうに感じましたが、実際は500mほどとのこと。橋の内部を歩行者の人たちと一緒に歩くことができるので、のんびりと写真を撮りながら渡っているとほど良い休憩になりました。

さて、ここまで来てしまったらまた自力で帰らなければなりません。お昼の12時前に出発。しばらくは炎天下の中でしたが、ふたたび山方面へ向かっていると少しずつ雲が広がり、また庄川辺りまで来ると雨がポツリときました。 南砺市の山々には厚くて怪しい雲が広がっています。本降りになりませんように..と祈りながら、でもそのおかげで気温が下がり涼しい中を走ることができ助かりました。 そろそろ両足の大腿四頭筋がまた痛くなりだしました。筋肉痛です。
そして福光まで戻って来ると医王山にも怪しい雲が。一番安全で楽に走ることのできる国道304号線から帰ります。 ただ304号線の坂を登っていると、驚くことにまだ少し何とか体力が残っていたので、迷いましたが途中で304号線を外れて二俣から県道27号線へ。また栄養不足になりハンガーノックになるかも?と思いながら休憩しながら走ります。 医王山にかかる怪しい雲を何とかかわしながらようやくゴールが近付いてきました。ただ距離を見るとこのままだと150kmまで数キロ足りない感じ..なので最後の力を振り絞って7、8km分を遠回りして自宅に着くとちょうど150km。 時間は夕方の6時でした。

ところで帰宅後は両足とも激しい筋肉痛でしたが、翌朝起きると不思議なことにすっかり筋肉痛がなおっていました。 11-25Tから11-28Tへと変更した効果、そして最近始めたランの効果があるのだと思いますが、これまでの最高距離100kmがやっとの思いで達成できていたことを思うと、この150kmが思いがけずすぐに達成できたので、 またロングライドにチャレンジしてみたい気持ちになりました。

● 写真(13) ●
  • 自宅から70km。思いがけず3時間半で到着しました。
  • 自宅から70km。思いがけず3時間半で到着しました。
  • エレベーターに乗り新湊大橋の内部にお邪魔します。
  • エレベーターに乗り新湊大橋の内部にお邪魔します。
  • 下から見上げるとそれなりの距離がありそうに感じましたが、実際は500mほどとのこと。
  • 下から見上げるとそれなりの距離がありそうに感じましたが、実際は500mほどとのこと。
  • 自転車に乗って駆け抜けたい気持ちになりますが「自転車は押して歩いてください」の看板がいたるところに。
  • 自転車に乗って駆け抜けたい気持ちになりますが「自転車は押して歩いてください」の看板がいたるところに。
  • 監視カメラもいたるところに設置されています。
  • 監視カメラもいたるところに設置されています。
  • 現在地を示す地図がありました。
  • 現在地を示す地図がありました。
  • 窓の外には綺麗な海の眺め。海の真上を歩いていることを実感できます。
  • 窓の外には綺麗な海の眺め。海の真上を歩いていることを実感できます。
  • 海王丸の奥に見えるのは、氷見方面と能登半島です。
  • 海王丸の奥に見えるのは、氷見方面と能登半島です。
  • 写真を撮っているとあっという間に渡り切りました。ほど良い休憩になりました。
  • 写真を撮っているとあっという間に渡り切りました。ほど良い休憩になりました。
  • エレベーターを降りてふたたび地上へ。
  • エレベーターを降りてふたたび地上へ。
  • 橋桁から海面までの高さは約47mとのこと。
  • 橋桁から海面までの高さは約47mとのこと。
  • 最後にもう一度、先ほどの対岸から新湊大橋を撮ってお別れです。
  • 最後にもう一度、先ほどの対岸から新湊大橋を撮ってお別れです。
  • 南砺市の山々のあやしい雲が気になりながらも、何とかほとんど雨に遭わずに帰宅できました。
  • 南砺市の山々のあやしい雲が気になりながらも、何とかほとんど雨に遭わずに帰宅できました。