井波
2015/02/28
井波
 
Ride Time:3:57・Distance:72.3km・Avg Speed:18.2km/h・Max Speed:54.1km/h
*

気温があまり上がらない予報でしたが、お天気がいいので思い切って県道27号へ。 県道27号金沢井波線は、適度なアップダウンがありそれなりの標高差になるためトレーニングには素晴らしいルートなので年に一度は走りたいと思っています。
ところが医王ダムあたりではまだ擁壁に積もった雪が想像以上のものでした。 河北潟のときと同じように逆光の樹木に立てかけて1枚。 そして標高が最も高い県境付近まで来ると、とうとう路面にまで雪が残っていました。 雪の中を歩いていると、クリートの中に雪が詰まって固まって大変なことに。これでは乗ることができません。シャーベット状の雪なのに、こんなことになってしまうなんて.. 何とか雪のかたまりを取り除き、その後は快適に走り医王トンネルを抜けると気温表示はまだ4℃。この先は快適な下りが待っていますが、気温が低いのでスピードは抑え気味にして福光の街中へ下ります。

時間を見ればお昼過ぎ。ちょうど日中で最も気温が上がってくる頃ですが、まだ雲が多いためなのか、金沢を出発した時と比べて寒く感じる福光。 それでも時折感じる太陽の光があたたかくて、つい先ほどの真冬のようなルートとは異なり春を感じるような幸せな道。
でも朝は軽くしか食べていなかったのでそろそろ空腹に耐えられなくなってきましたが、あと10kmと思いながら井波方面へ。 道の駅井波の高さ5mほどの大きな木彫の七福神の前に着いたのは、ちょうど午後2時でした。
帰る途中で眺めた青空の中の美しい南砺の山並み。今日もし高落場山へ登っていたら、もしかしたら白山や北アルプスを望むことができたかも?
夕方の県道27号はさすがに厳しいと感じ、304号線から帰りました。

● 写真(7) ●
  • 河北潟のときと同じように逆光の樹木に立てかけて1枚。
  • 河北潟のときと同じように逆光の樹木に立てかけて1枚。
  • 標高が最も高い県境付近まで来ると、とうとう路面にまで雪が残っていました。
  • 標高が最も高い県境付近まで来ると、とうとう路面にまで雪が残っていました。
  • 医王トンネルを抜けると気温表示はまだ4℃。
  • 医王トンネルを抜けると気温表示はまだ4℃。
  • 道の駅井波の高さ5mほどの大きな木彫の七福神の前に到着。
  • 道の駅井波の高さ5mほどの大きな木彫の七福神の前に到着。
  • 帰る途中で眺めた青空の中の美しい南砺の山並み。
  • 帰る途中で眺めた青空の中の美しい南砺の山並み。
  • 県道27号線の真冬のようなルートとは異なり春を感じるような幸せな道。
  • 県道27号線の真冬のようなルートとは異なり春を感じるような幸せな道。
  • そろそろ雪解け水が流れ出す頃。春が待ち遠しいです。
  • そろそろ雪解け水が流れ出す頃。春が待ち遠しいです。